記事

キャッシュレス決済、2019年は26.8% 韓国・中国に比べて低い水準続く



政府がポイント還元策で後押ししてきたキャッシュレス決済が消費に占める割合は去年26.8パーセントで、前の年より2.7ポイントの増加だったことがわかった。

・【映像】キャッシュレス決済 普及進まず

 経済産業省によると、2019年の民間消費に占めるキャッシュレス決済の割合は、金額ベースで26.8%だった。消費税の増税に伴うポイント還元策で、クレジットカードやQRコード決済などの利用が伸びたことなどから、前の年より2.7ポイント増えた。

 政府は、2025年までに40%程度にする目標を掲げ、「このままのペースで増えれば達成可能」としているが、韓国の96.4%や中国の65.8%などに比べてキャッシュレス決済の比率が低い状況が続いている。決済データを企業のマーケティングにつなげる動きが広がるなか、今後、定着に向けた取り組みが問われそうだ。(ANNニュース)

​​​​​​​・▶映像:キャッシュレス決済 普及進まず

あわせて読みたい

「キャッシュレス決済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  5. 5

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  6. 6

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

  10. 10

    雅子さまの渡航めぐる発言に共感

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。