記事
  • SmartFLASH

コロッケ、ものまねの許可とらず40年「会ったらひたすら謝罪」

「記念公演では、これまでの感謝をこめて、中学生のころ最初にやったものから現在のものまで、総勢150人のものまねを披露する予定でした」

 ものまね界のレジェンド、コロッケがこの夏、芸能生活40周年を迎える。7月には東京・明治座で記念公演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止に。

「現在のネタ数は約500人。日々、増えています。若い人のものまねもやっていますが、テレビではなるべく大御所や先輩方をいじって、逃げ続けていきたい(笑)。振り返ると40年間、本当に恐れ多いことをしてきたと思います」

 ものまねは、ほぼすべて、本人の許可なく披露している。

「ものまねって、事前に許可を求めたりすると、できなくなってしまう場合もあるんです。だから、どなたであっても事前の挨拶はせず、勝手にやっています。お会いしたら、ひたすら謝罪ですけど(笑)」

 岩崎宏美&良美姉妹とは、こんなエピソードが。

「良美さんに、TBSの受付でばったり遭遇したことがあって。その瞬間『お姉ちゃん、あんな顔してないから!』と怒られました(笑)。

 宏美さんには、『嫌だけど、結婚して休んでいたあいだも、コロッケのものまねで、若い人が私の名前を知ってくれていた。それだけは感謝している』と……」

 家族3代で公演を観ながら、孫が祖母に最近のものまねを教え、祖母が昔のものまねを孫に教える……そんなファンも多いという。

「エンタテインメントって観た瞬間だけじゃなく、その日の夜、1週間後、1年後も思い出して、家族の会話や笑顔のきっかけを作れるものだと思うんです。僕のものまねも、時間や世代を超えて、そんな存在になれば嬉しいですね」

ころっけ

1960年3月13日生まれ 熊本県出身 1980年よりものまねタレントとして活動。『お笑いスター誕生!!』(日本テレビ系)で6週勝ち抜き、注目を集める。1980〜1990年代には「ものまね四天王」のひとりとして、ものまねブームの中心的存在となる。現在『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)に出演中。インスタグラム(@crocro5656)やTikTokでも、ものまねを披露している

(週刊FLASH 2020年6月23・30日号)

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。