記事

台湾行政院長が中国の軍事活動を非難、「コロナ対応優先すべき」


[台北 23日 ロイター] - 台湾の蘇貞昌・行政院長(首相に相当)は23日、記者団に対し、中国は台湾周辺での軍事演習で台湾を「妨害する」よりも、北京で起きている新型コロナウイルス感染拡大への対応に専念すべきだと語った。

台湾軍によると、中国軍の戦闘機や爆撃機がここ2週間で少なくとも8回、台湾の防空識別圏に侵入した。

蘇氏は「中国は巨大で、台湾への武力行使も辞さない構えだ。中国は深刻なパンデミックが起きているにもかかわらず、航空機や船舶を台湾周辺に派遣し続け、台湾を妨害している」と発言。台湾が唯一望むのは地域の平和に貢献することだと語った。

蘇氏はさらに、「北京では新型コロナ感染第2波が起きているようだ。大国として中国は、国民を守り、感染拡大の影響を軽減し、地域の平和を守ることに国力を使った方がよい」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。