記事

ブラジル食肉大手、新型コロナ巡り輸出品の安全を宣言=関係筋

[サンパウロ 23日 ロイター] - ブラジルの食肉加工大手JBS<JBSS3.SA>、ミネルバ<BEEF3.SA>、マルフリグ<MRFG3.SA>は中国当局の要請を受け、輸出品が新型コロナウイルスに汚染されていないとする安全宣言に署名した。各社の関係筋が明らかにした。

また、関係筋によると、ブラジルの同業BRF<BRFS3.SA>はまだ同様の書類に署名していないが、今後そうする方針だという。

4社はコメントを控えた。

マルフリグに近い筋によると、中国当局が要求した宣言書は中国に向けて輸送中の商品と新規契約分が対象となる。

食肉の主要輸出国であるブラジルや米国などでは食肉加工工場の従業員の多くが新型コロナに感染している。

中国は北京市内の食品卸売市場「新発地」に絡む集団感染が発生したことを受け、海外から輸入する食肉の検査を強化している。

ブラジル動物性タンパク質協会(ABPA)は、国内の輸出業者が「食品の安全を保証する中国の法律を順守していると宣言するよう」中国の輸入業者から要請を受けたと認めた。

これとは別に、ABPAは、ブラジルの鶏肉と豚肉の中国向け輸出が2020年に100万トンを超え、昨年の83万4000トンから大幅に増えると予想した。

米疾病対策センター(CDC)によると、食肉加工に携わる労働者は取り扱う商品を介して新型コロナウイルスに感染しているわけではない。ただ、食肉加工工場は従業員の密度が高く、ウイルスが生存しやすい低温の環境にあるため、複数の国では従業員の感染が工場の一時閉鎖につながっている。

CDCは米国内の食肉加工工場に対し、従業員間の距離を少なくとも1.8メートル空けるよう勧告。一方、ブラジルで先週出された指針で規定された従業員間の距離は1メートルにとどまり、不十分との声も出ている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  10. 10

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。