記事

米、ロシアとの核軍縮協定拡大を模索 7月にも再協議


[ウィーン 23日 ロイター] - 米国のビリングスリー大統領特使(軍備管理担当)は23日、来年2月に期限切れとなる新戦略兵器削減条約(新START)を巡りロシア高官と協議した。米国側は核軍縮協定の対象範囲を拡大し、全ての核兵器を含めたい意向を示した。

また中国に対し、新たな核軍縮協定を巡る協議に参加するよう引き続き求めるとした。

今回の高官協議では、作業部会を設置し、7月下旬または8月上旬に次回協議を行うことで合意。作業部会の詳細は明らかになっていない。

米政府は中国を参加させたい考えだが、ビリングスリー特使によると、ロシアはフランスや英国などを交えた多国間協定を望んでいるという。

ビリングスリー特使は協議後の記者会見で「米国は新たな軍縮協定について、いわゆる戦略核兵器だけではなく、全ての核兵器を対象にしなければならないと考えている」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    田原氏 菅首相の行政改革に期待

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。