記事

ずっと使いたくなるレジ袋!? 小説を印字した”読むレジ袋”がナチュラルローソンで期間限定無料配布


 来月1日から始まるレジ袋の有料化を前に、株式会社メルカリは株式会社ローソンと共にレジ袋を使った画期的な取り組みを行うことを発表した。


 今月24日から26日の間、小説を印字した”読むレジ袋”がナチュラルローソンの138店舗で無料配布される(各店舗・各日100枚)。

▶映像:小説が印刷された"読むレジ袋"!実物は「レトロで可愛い」?


 ”読むレジ袋”は、”小説を読む”という新たな価値を与えたずっと使いたくなる新しいタイプのレジ袋だ。モノの価値を伝えるプロジェクト「モノガタリ by mercari」に寄稿された、伊坂幸太郎「いい人の手に渡れ!」や吉本ばなな「珊瑚のリング」、筒井康隆「花魁櫛」がレジ袋に掲載される。

 担当者は「捨てられがちなレジ袋に小説という付加価値を加えることで、身のまわりのモノにも一つひとつに価値があると気づきを与え、改めてモノとの向き合い方について考え直すきっかけになることを願い企画した」と、今回の取り組みのきっかけを明かした。


 ABEMAヒルズでは、実物の”読むレジ袋”を番組内で紹介。表面は文庫本の表紙のように小説のタイトルと著書が印字されており、裏面にはびっしりと小説が書かれている。

 実際に手に取ったMCの柴田阿弥アナウンサーは「レトロで可愛いです」「これは捨てたくないかも」とコメント。コメンテーターでBuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏も「100枚しか配らないとなるとプレミアがついちゃうんじゃないでしょうか」「有料化となると消費者側に抵抗感や負担感があると思いますが、有料化したあとでも、こういったおまけ的なものがあると心理的な抵抗感が減ると思います」と高評価だった。

(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

▶映像:小説が印刷された"読むレジ袋"!実物は「レトロで可愛い」?

あわせて読みたい

「ローソン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。