記事

嫌なら見ない「Twitter断ち」も効果あり コロナ禍で学ぶ新たな付き合い方「ソーシャル・ソーシャル・ディスタンス」


 新型コロナウイルスの感染拡大は人々の感情にどのような変化を与えてきたのか―。気になる調査結果が、Twitterに投稿された約1.8億ツイートをもとに分析、発表された。投稿内容における“感情語”の割合を分析したもので、2月27日に全国一斉の臨時休校が発表された際には、「コワイ」という感情が急増。

 3月30日には、国民的コメディアンの志村けんさんが亡くなったことで、同じく恐怖を感じる投稿が激増、ピークを迎えた。

 4月7日の緊急事態宣言の発令時は「イヤ」という感情の投稿が増えた一方、徐々に落ち着きを取り戻してきたのか、最近では「ヨロコビ」の投稿が増え、コロナ関連の投稿全体の量も減ってきた。

▶【動画】負の感情を見ない選択「Twitter断ち」

 数多くの取材経験があるBuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏も、これだけ多くの負の感情に触れたことで、予想外の事態に陥ったという。「志村けんさんが亡くなられた後、Twitterでも負の感情が噴出した感がある。

その時はあまり自覚がなかったが、連日タイムラインを追いかけているうちに精神的な疲れを感じるようになった。毎日怒りや悲しみに触れ続けていると、心がそっちに持っていかれてしまう」と実体験を述べた。

 記者という職業柄、事件・事故などで負の感情には慣れているはずの神庭氏であっても、とめどなく流れてくる情報に精神的なダメージを負ったようだ。

 ここで神庭氏が選択したのが「Twitter断ち」。自ら「Twitter失踪届」というハッシュタグつきで投稿をした後、数日間だがTwitterから離れてみた。

「精神衛生にもよくて、心が平らかというか安定した。毎日Twitterを見ているとどんどん没入してしまうが、やめてみたら当然それ以外の現実が広がっているし、コロナ禍であっても日常はある」と、心の落ち着きを取り戻した。

 またTwitterの140文字という形式に慣れすぎてしまい「思考がぶつ切りになるクセがついていた」ところ、距離を置いたことで「ロングスパンで考える持久力が、少しずつ取り戻せた」という効果もあった。


 そんな体験を踏まえて、神庭氏が勧めるのが「ソーシャル・ソーシャル・ディスタンス」だ。感染拡大を防ぐために人と人の距離を置くソーシャル・ディスタンスと、ソーシャルネットワークをかけ合わせた造語だが、「SNSともちょっと距離を置いてみると、どんな使い方が有用なのか見えてくる」と提案した。

「ソーシャル・ソーシャル・ディスタンス」には、SNS上の人々と距離を取るという意味合いも含んでいる。「たとえばコロナひとつにしても、敏感に反応する人もいれば、ほとんど気にしない人もいる。両者は永久にわかりあえないし、わかりあう必要もない。

『話しあえば必ず理解しあえる』という前提に立つから、いさかいが起きる。『決して理解しあえない』ことさえ理解しておけば十分で、適度なディスタンスを保った方がSNSを快適に使うことができる」と、すぐに繋がれるSNSであっても、時には現実世界と同様に離れる選択も重要だと解説していてた。(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。