記事

スイスUBS、コロナ終息後も一定数は在宅勤務の可能性=COO


[チューリヒ 22日 ロイター] - スイス金融最大手UBSグループ<UBSG.S>のサビーネ・ケラーブッセ最高執行責任者(COO)は22日、新型コロナウイルス危機が終息した後も、在宅勤務を継続する従業員の割合が大きくなる可能性があると述べた。

ブルームバーグは、同COOの発言として従業員の3分の1が遠隔勤務になる可能性があると報じた。

同社は、在宅勤務で可能な業務とオフィスで行う業務を区分けしているところだという。

UBSの広報担当者は、「将来的には従業員の最大3分の1が交代で遠隔勤務することが考えられる」と述べた。

変更は世界規模で行われるが、7万人の従業員のうち対象となる人数はまだ決定していない。

同社では、感染のピーク時には、従業員の80%以上が在宅で勤務していた。感染前にもオフィスに出社しない従業員がおり、今後その人数は増えるとみられている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  3. 3

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  4. 4

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  5. 5

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  9. 9

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  10. 10

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。