記事

「自由と幸福のトレードオフ」と規制 - wasting time?

自由とは何か?自由は至高の価値なのだろうか?僕自身、自由は必要なものだと思うし、それこそがもっとも必要なものだと思う。

そして、人間は常に自由を欲している。もっと自由があれば・・・。と思って多くの人が生きているはずだ。(ま、僕も含めて多くの場合はその自由は“自分勝手”だったり“思いのままにならないものを思いのままにしたい”という無理な話だったりするわけだが。。。)

過去にも何回か書いたが自由は本当に人間を幸せにするのだろうか?たぶん一定程度の自由は人間を幸せにするだろう。これは多くの人が認めるところなはずだ。だが、おそらくある一定以上の自由は人間を必ずしも幸せにしないはずだ。いつも紹介するブログStumbling&Mumblingにいくつか関連する研究が紹介されているので引用したい。

Freedom, well-being & capitalism

One paper finds that, controlling for other things, "economic freedom is significantly negatively related to life satisfaction."

ある研究によると経済的自由は非常に人生の満足度と強い負の相関関係にある。

Barry Schwartz and Sheena Iyengar have argued that more choice (pdf) can lead to frustration and anxiety (pdf) .

選択肢の多さは我々にフラストレーションと不安をもたらす。


自由には必ず責任が伴う。また、選択することは自分が興味のないことや詳しくないことでは複雑で面倒だから人間をイラつかせるかもしれない。これらが自由の多さが人間を不幸にするのだろう。

では、どうすればいいのだろうか?人間が幸せになるために政府は人間の選択肢を適切に規制すべきなのか?

それはおそらく正しくないだろう。いつも指摘するように政府の規制は常に問題をはらんでいるからだ。それに、お上に押し付けられると多くの人は反発を抱くだろう。そのような自由の制限は人間を不幸にするかもしれない。

Aという分野については詳しいので規制なんていらないよ。ちょっとくらいの危険も冒せるし選択肢の多さもむしろ許容できるという人がいるだろう。そういう人でもBという詳しくないような分野では選択肢の制限を求めるかもしれない。

また、リスクを犯してもいいから安いほう(スリルがあるほうがいいetc)がいいという人もいれば反対の人もいる。

消費者の観点から見ても政府による一律の規制が上手くいかないことは明白だ。(政治や供給者の観点からはもっと問題がある)一部には悪徳な業者もいるだろうが、通常は供給者側が顧客のリスク選好や精通の度合いに応じてサービスを提供するほうがよりいいだろう。

自由は人間を不幸にする可能性があるからといって画一的な政府による規制がふさわしくないことは明白である。

また、経済的自由は人間を不幸にする可能性があるとしても、経済的自由がなくては政治的自由はなりたたない。自己責任に基づいて経済的自由を引き受けることは自由な人生のために常に必要だ。

何をやっても経済的に政府が面倒を見てもらえますというのでは倫理その他は失われ社会はメチャクチャになるだろう。それが今の社会かもしれない。結局、経済的な自由は人間の自由と深く結びついている。

まあようはフリーランチのように楽に生きていくことはできないという当たり前の帰結に結びつくわけだ・・・。自己責任は厳しい言葉だが、それがなければ人 間は自由に生きていくことはできない。経済的自由が人間を不幸にすることがあっても我々はそれを受け入れて生きていかねばならないだろう。また、政府によ る規制よりも慣習・伝統などによる(規制)のほうがよりふさわしいだろう。

あわせて読みたい

「経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。