記事

コロナ禍で性風俗・AV産業のバーチャル化も加速?紗倉まな「顔だけチェンジ、身体だけチェンジと言われたら悲しい…」

1/2

 新型コロナウイルスが様々な業種・業態に影響を及ぼす中、とりわけ濃厚接触によって仕事の再開が困難になっているのがアダルト業界だ。

・【映像】えろ業界がコロナ禍でアップデート!紗倉まながバーチャルAV女優と初対面"中の人"意外な素顔に迫る

 先週19日には性風俗の休業要請も解除されたものの、感染を恐れ客足は減少。また、持続可給付金や融資も対象外となっていることから、廃業することを選んだ店もあるという。


 一方、感染リスクのない“非接触”のサービスを生み出すことで、生き残りを図ろうとする店もある。都内に店舗を構える「輝き」では、いち早く“オンライン風俗”として営業を再開。ビデオ通話でお互いの姿を見せ合うという、コロナ時代の新しい接客スタイルだ。

 「AVの仕事は濃厚接触もいいところだから、しばらくはお休みしている」」「当分ダメだって覚悟しているよ」。昭和11年生まれの現役AV女優・小笠原祐子さん(84)も、そうこぼす。


 しかしAV業界も風俗店同様、“非接触”の領域に進出している。大手AVメーカー・ソフトオンデマンド(SOD)は、憧れのAV女優とのオンライン飲み会や、「SODビデオレター」という新サービスをスタートさせた。

 「SODビデオレター」はひとりひとりのリクエストに応じてビデオレターを制作するというもので、SODのイベント運営担当・マジックミラー号マン氏は「“おはよう”とか、お祝いのメッセージなど、アダルトNGの全年齢向けのサービスだ」と説明する。「コロナの影響で女優さんのイベントがなくなったので、メッセージが欲しいという方が多い。しかし、びっくりするくらいニーズがあったようで、かなりたくさん売れている」。


 さらに調べを進めると、究極の“非接触”を実現させたバーチャルAV女優・Karinさんに取材をすることができた。VR空間で撮影し動画を「FC2アダルト」で配信する、いわばVTuberのアダルト版だ。普段は大学院で法学を専攻しており、バーチャルアバターを研究する中、表現したいものを自由に表現できる環境で1対1の接客ができるよう企画したものだったという。

 撮影はキャスト、監督、カメラマン人員はすべてVR空間のアバターによって行われるため、現実世界ではありえないようなプレイも可能だという。「今までご協力いただいた方々は全員がそれぞれの家から機材を使ってバーチャル空間に入ってきて、その中で体を重ね合わせる。だから、お互いの顔は全く知らないまま。モザイクはもちろん自動でかかるようになっている」。


 そんなKarinさんは、アバターが接客するバーチャル性風俗店「X-Oasis」を来月にもオープンさせる予定だ。こちらもリアルで会うことはなく、完全にオンライン上での接客という形をとる。操作は「スマホモード:基本寝転び。スマホで視点調整。ボタン操作でお触り」「Questモード:基本寝転び。ヘッドセットで視点連動」「フルVRモード:操作制限なし」といったものがある。また、値付けはライブチャットの価格帯を参考に、新人料金が40分6000円から、一般料金が7000円となっている。

 「やってみないとわからないし、個人差もあるが、自分の視界に入っていれば感触としてフィードバックが来る。VRに慣れている人なら3Dモデル同士が触れ合うことで感覚が得られる方もいらっしゃるし、私も自分のアバターの身体を触ったり、お客さんに触られたりすると、リアルに反応しちゃうこともある」。

あわせて読みたい

「風俗」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  10. 10

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。