記事

山本太郎さんは自沈する 都知事選立候補はトランプ流

 東京都知事選挙の毎日新聞の世論調査結果が報じられています。
「都知事にふさわしいのは」小池氏51%、宇都宮氏10% 毎日新聞全国世論調査」(毎日新聞2020年6月20日)
小池百合子氏 51%を
宇都宮健児氏 10%
山本太郎氏 8%
小野泰輔氏 7%
立花孝志氏2%

 未だに立花孝志氏に2%もの期待があることに驚きがありますが、それはともかく、宇都宮さんと山本太郎さんは見事に分かれました。
 もともと立憲民主党がエールを送っていた候補が山本太郎さんですが、消費税率5%に戻せと主張する山本太郎さんとは決裂、山本太郎さんの姿勢は相変わらずです。
 今や消費税率5%という主張は、一定の支持は得られても都知事選挙で当選できる政策ではありません。都知事が実現できる公約でもなく、有権者全体としてはこういった政策には結構、冷めて見ています。要は財源です。
 消費税率引き上げで、共産党推薦の首長候補が善戦することがありますが、「善戦」どまりなんです。その典型が京都市長選挙ですが、当選できてもおかしくないのに、今一歩で伸び悩むのは、国政に関する主張が目立つことで、京都市長選挙だえる以上、やはり京都市政としての政策が第一でなければならないといことです。
野党共闘に注文 安倍政権に反対するだけではダメ 積極的に格差社会是正のための政策を打ち出して欲しい!

 財源問題は国会議員選挙でも一緒です。もはや5%に戻せというのでは、大衆を引きつける求心力がなくなっていることを率直に認める必要があります。それは多くの国民が将来の社会保障に不安を抱いているからであり、政府や財界の宣伝で消費税増税をしなければ社会保障が破綻すると思わされてしまっていることに原因があります。
 もちろん5%に戻すことが間違いなのではありませんが、このように国民(有権者)は将来の財源に対して不安を感じているのですから、そうしたことも当然に答えていかなければなりません。

 しかし、山本太郎さんの主張は、どんどんとバラマキになってきていますが、これはある意味ではトランプ氏と同じやり方です。固定支持層だけを固めようとするやり方、あるいは、立憲、共産からの票をかすめ取ろうとするやり方にすぎず、こうしたやり方にはれいわ新撰組の終末を迎えている感があります。
 既に同党が埋没しがちな中で、浮揚をはかろうというのでしょうが、このようなやり方では自沈を免れないでしょう。しかも単に自沈ならいいですが、野党の足を引っ張るというだけの結果にもなりかねません。
 自民党にとって痛くもかゆくもないどころか、笑みさえ浮かべているでしょう。

時代の中で消えていく…


 もっとも考えようによっては、小池氏が51%と「圧勝」の情勢の中では、山本太郎さんが自沈してしまえば、来るべき衆議院選挙の野党による候補統一のための足かせはなくなります。
 れいわ新撰組だけで候補を衆議院議員候補を100人くらい立てると豪語していましたが、都知事選挙の結果次第では候補者は集まらなくなります。もともと、れいわ新撰組が候補を立てるということは、野党間の分裂以上の意味はなく、自民党候補が当選することは目に見えていますから、そこで「オレがオレが」の人たちが集まってくることはありません。当選の見込みがないところに候補は集まってきません。
 政党としての体はなしていないのですから、候補擁立などもおぼつかない状態になるでしょう。
 それはそれで仕方ないことなのかもしれません。
れいわ新撰組山本太郎さんは選挙協力の条件に消費税率5%に固執してはいけない 候補擁立も自重すべき

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  4. 4

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  5. 5

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  6. 6

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  8. 8

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  9. 9

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

  10. 10

    鬼滅は何位? 少年漫画ランキング

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。