記事

増長する北朝鮮の武力挑発 それでも韓国が経済支援する矛盾

1/2
北朝鮮によって破壊された南北共同連絡事務所(朝鮮通信=時事通信フォト)

南北共同連絡事務所の破壊を予告していた金与正党中央委員会第1副部長(AFP=時事通信フォト)

韓国・延坪島から見た北朝鮮(AFP=時事通信フォト)

対南ビラの準備を進める北朝鮮(朝鮮通信=時事通信フォト)

 北朝鮮と韓国が一触即発の緊迫状態に陥っている。6月9日、北朝鮮が南北を結ぶすべての通信回線を遮断したことに始まり、同月16日には開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所を木っ端みじんに爆破した。いったい北朝鮮の強硬姿勢はどこまでエスカレートするのか──。ジャーナリストの宮田敦司氏がレポートする。

【写真】北朝鮮の女帝、金与正氏

 * * *
 一連の北朝鮮の挑発行動はさらに続く公算が大きい。北朝鮮は軍の行動計画を実行に移し、一段と緊張を高めるだろう。朝鮮人民軍総参謀部は、非武装化された地帯に進出し、前線を要塞化すると宣言しているからだ。

 もっとも考え得ることは、2018年の軍事合意にもとづき撤収した非武装地帯(DMZ)の監視所や、2000年代に軍を撤収させた開城工業団地や金剛山観光地区を再武装することだが、それ以外にも深刻な事態の発生が考えられる。

 そこで本稿では、北朝鮮軍の過去の挑発行動から、今後起こり得る事態について考えてみたい。

◆延坪海戦(第1延坪海戦)/1999年6月15日

 この事件は朝鮮戦争以来もっとも大規模な海上における戦闘である。

 北朝鮮海軍艦艇が韓国領である西海五島(黄海上にある韓国の5つの島)北側のNLL(北方限界線・事実上の海の軍事境界線)を侵犯したため、韓国海軍の哨戒艇が体当たりして押し出そうとした。

 これに対して北朝鮮海軍の警備艇が発砲し、これに韓国軍が応戦。北朝鮮軍の魚雷艇1隻及び警備艇1隻が沈没し、残った北朝鮮艦艇がNLLの北側に引き上げた。

 韓国軍が北朝鮮軍の通信を傍受した結果、北朝鮮軍の死傷者は130人以上であることが判明した。韓国軍は「デフコン3に準ずる態勢」を発令した(デフコン=DEFCONは防衛準備態勢のレベル)。

◆西海交戦(第2延坪海戦)/2002年6月29日

 1999年に続く黄海上の軍事衝突事件。黄海上の延坪島(ヨンピョンド)付近で発生した。韓国側は、この交戦によって戦死4名、負傷者19名、行方不明者1名(後に哨戒艇引き上げ作業時に遺体で発見)、さらに哨戒艇1隻沈没という損害を受けた。

 また、負傷者1名が後日、病院で死亡。北朝鮮側の損害は、死亡13名、負傷者25名の計38名。警備艇1隻が炎上した。

 北朝鮮海軍警備艇「トンサン岬684号」は当時、NLLを侵犯した後、哨戒中だった韓国海軍第2艦隊司令部の232高速艇編隊に、85ミリの艦砲で先制攻撃を行った。

 第2延坪海戦以前にも、この警備艇はNLLを2度侵犯している。海戦2日前の6月27日には52分間にわたって、翌日の28日には4時間にわたって、それぞれ韓国海域に進んだ後、北上した。3日目の29日にこの警備艇が3度目にNLLを侵犯し、韓国海軍の第2艦隊艦艇と戦闘を行った。

 韓国国防部は、北朝鮮軍警備艇が先制攻撃してきたこと、その後すぐに反転して逃げ去ったという行動などから、この交戦は北朝鮮軍による計画的な攻撃であったと発表した。

 当時の金大中政権は、北朝鮮に対する融和政策である「太陽政策」を推進していたが、事件により「太陽政策」に対する支持率が低下した。

 しかし、北朝鮮が書簡で「西海上で偶発的に発生した武力衝突」としながらも、翌7月25日に遺憾の意を表明したこと、さらに、北朝鮮が第7回南北長官級会談の開催を提案し、和解を求めてきたことで、南北関係は回復局面に入ることになった。

◆延坪島砲撃事件/2010年11月23日

 黄海の延坪島(ヨンピョンド)近海で発生した北朝鮮軍と韓国軍による砲撃戦。2010年に入り、黄海上では南北の砲撃が繰り返されるなど緊張が高まっていた。

 2010年11月23日14時34分ごろ(日本時間同)、北朝鮮軍がNLLを越えた延坪島に向けて砲弾約170発を発射、90発が海上に落下し、80発が同島に着弾した。それに対し、韓国軍海兵隊延坪部隊は北朝鮮軍の砲台を目標に80発(約50発との報道あり)の反撃を行った。北朝鮮軍の砲撃は同日15時41分ごろに止まった。

 この時、北朝鮮空軍のミグ23戦闘機5機が哨戒飛行を実施したため。韓国空軍はF-15K戦闘機とKF-16戦闘機を4機ずつ延坪島に向けて緊急発進させた。

 この事件で韓国の海兵隊員2人と民間人2人が死亡、海兵隊員16人が重軽傷、民間人3人が軽傷を負い山火事や約70棟の家屋の火災が発生した。住民1300人には避難命令が出された。

 韓国軍は防衛準備態勢を「デフコン3」(韓国の場合、朝鮮戦争が休戦状態のため平時はデフコン4)に引き上げるのではなく、北朝鮮の工作員が侵入した場合に発令される「珍島犬(チンドッケ)1号」を発令した。

「デフコン3」の発令権限は、韓国軍ではなく米韓連合司令官にあるため、米韓連合司令官が「デフコン3」を発令するということは、“戦時”に移行することを意味する。したがって、韓国軍の作戦指揮権が米韓連合司令部に移管されることを防ぐため、「チンドッケ1号」を発令したのだ。

 韓国政府は直ちに北朝鮮を非難する声明を発表し、同月29日には李明博(イ・ミョンバク)大統領が緊急談話を発表した。北朝鮮の朝鮮人民軍最高司令部は23日夕、韓国軍が同日の軍事演習で北朝鮮領海内に砲射撃したと主張したうえで「断固とした軍事的措置をとった」と攻撃を認める声明を発表した。

 この北朝鮮の砲撃に対して韓国軍は報復攻撃を行わなかった(対抗射撃は行った)。北朝鮮が1953年の朝鮮戦争休戦協定以降に韓国の陸上に砲弾で攻撃したのは初めてである。

 延坪島砲撃事件後の2010年12月6日、日米韓外相会談が開催され、日米韓3か国はその成果として共同声明を発出し、北朝鮮に対して砲撃事件への謝罪だけでなく、六者会合再開のためには北朝鮮が韓国との関係を改善し、非核化への具体的な措置を採ることが必要とする方針を示した。

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  9. 9

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。