記事

米、中国主要メディア4社を在外公館扱いに認定 米での活動制限へ


[ワシントン 22日 ロイター] - 米政府は22日、中国の主要メディア4社を在外大使館として扱うと発表した。これにより米国内での事業活動が制限される。

スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)によると、在外公館扱いとなるのは中国中央電視台(CCTV)、中国新聞社(CNS)、人民日報、環球時報で、中国共産党の管理下にある「プロパガンダ機関」としての立ち位置を反映したという。

同氏は会見で「中国共産党はこれらのプロパガンダ機関の運営を統制しているだけでなく、報道内容についても完全な編集権を握っている」と語った。

ワシントンの中国大使館は現時点でコメント要請に応じていない。

環球時報の胡錫進編集長はツイッターに「非常にばかげた決定だ」と批判。「中米関係があまりにも緊迫しているため、環球時報のような市場志向のメディアは影響を受けている。遺憾だ」とコメントした。

環球時報は中国共産党機関紙・人民日報傘下の有力国際情報紙。

米政府は今年2月、国営新華社通信を含む中国の国営メデイア5社について、中国政府のプロパガンダ拡散に利用されているとの疑いから中国政府の「組織」と認定。新たに指定される社にもこれら5社と同様に、米国内の雇用者数や資産などを国務省に報告することが義務付けられる。

米中は記者の扱いを巡り報復の応酬を続けてきた。

米政府は3月、中国の「長期にわたるジャーナリストへの脅迫と嫌がらせ」に対する報復として、主要な中国国営メディアの米支局に勤務する中国人職員の数を従来の160人から100人に制限すると発表。これを受け、中国はウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストに所属する記者の取材証を剥奪すると発表した。

スティルウェル氏は、22日の米政府の決定は外国メディアの報道活動を減らすことが目的ではないとし、米国は引き続き報道の自由を堅持すると説明した。

また、同氏と国務省報道官は会見で、トランプ政権の内幕を描いたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の回顧録に、米国のアジアの同盟国がどう反応したかに関するロイターの質問には取り合わなかった。

スティルウェル氏は別の質問に、多忙のため回顧録に注意を払えないと答えた。

中国外務省の趙立堅副報道官は、米政府が中国メディアを標的とし続けるなら中国は対応せざるを得ないと述べた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  6. 6

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    土曜の人出 東京近郊の行楽地で大幅増 江の島で前週比6割以上

    ABEMA TIMES

    06月13日 16:04

  9. 9

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。