記事

「信頼性の問題で支持率が下がるのは残念」森友・加計、河井夫妻逮捕、公文書管理…橋下氏が安倍総理に直言


 20日夜の『NewsBAR橋下』(ABEMA)に安倍総理大臣が生出演し、橋下徹氏と1時間にわたって議論した。

・【ノーカット映像】安倍総理が緊急生出演!橋下氏と語る「この国の在り方」

 この日は5カ月ぶりの完全オフだったという安倍総理。普段からTwitterなどで政権に対する批判も展開している橋下氏の番組に出演した理由について尋ねられると「橋下さんと会えるし、発言が刺激的だから(笑)」。

 そこで橋下氏は、森友・加計学園問題、河井克行前法務相と妻の杏里議員の逮捕の問題、そして公文書管理の問題について、次々と切り込んでいった。


橋下氏:国民からの反対の声がある中で数々の政策を進めてきたので、そこで支持率が下がるのは仕方がない。しかし、疑念を抱かれ、信頼性の問題で支持率が下がるのは勿体無い。残念だと思う。やっぱりそれが始まったのが森友学園だったと思う。国会で違法・不正があったのではないかと議論の的になったが、そこで総理が“違法・不正が無いから問題がない”というような主張の仕方をされたから混乱が生まれたのではないか。やっぱり違法・不正がなくても、“自分の妻は名誉校長のような役職には就けない”、などと言えばよかったのではないか。

安倍総理:確かに色々な事業について疑いをかけられるようなこがあってはならない。妻もすぐに名誉校長を辞めたし、役職のほとんどを退くことにしたし、私も国民の皆様から疑いの目が向けられたことについてはお詫びを申し上げたところだ。特に総理大臣という仕事をしている以上、より透明性、公平性について十分に注意していかなければならない、その意味では反省しなければならない」と回答、「ただ、何も無い、ということを証明するというのは非常に難しい。そこは説明に困難なところがあった。それは加計学園の獣医学部の問題もそうだった。民間委員の皆様が“一点の曇りもない”、とおっしゃっているが、それも含めて相当気をつけなければいけないと反省している。

橋下氏:僕は特区には賛成だが、プロセスで見れば問題があったと思う。加計学園は総理の親友の学園だ。周りから“総理、これは加計さんの案件なんだけれども…”という注意のようなものは無かったのか。総理としては、“この案件については諮問会議の議長として引くわ”ということをすべきではなかったのか。桜を見る会についても疑問だったのが、行政のイベントなのに政治的なイベントとごっちゃにされたところがあるから、ここでも官僚からの注意はなかったのか。


安倍総理:形式的に申請されていることを知り得る立場にはあったが、選定するのは諮問会議だし、民間委員の皆さんはプライドを持ってやられている。全く政治が口出しをすることはできない。私にもほとんど相談はないし、現場にも行っていないし、もちろんその前に彼(加計孝太郎氏)が頼んできたということもない。私にはその自信があるのでそう答弁をしてきた。やはり獣医学部が50年間も無かったことがおかしいし、今、多くの受験生が新しい学部を受けていると聞いている。私が知っているからダメだというよりも、そのプロセスさえちゃんとしていればいいんだと思う。

桜を見る会に関しても、歴代の政権でやっていたときにも政治的なイベントの色彩はあったし、安倍政権が長くなった中で人数が増えてきたところもあるので、今年は中止して、もう一度見直しをすることにした。

橋下氏:安倍政権が外から見られたときにどうか、ということについて注意を怠ったというところがあったのではないか。特区について総理は“自分は口を出す立場ではない”と言ったが、外からの見られ方はある。河井さんの問題(克行・案里夫妻の逮捕)もそうだ。自民党の方から1億5000万円お金が出ていたことについては違法・不正ではないと思うが、いくら河井さんを勝たせたいと思ったとしても、他の候補との公平性で見た時に、国民としては国会議員との感覚のズレを感じてしまうと思う。選挙でお金がかかるのも分かるが、内規を作っていくとかしなければいけないと思う。

安倍総理:当然、党勢を拡張していく上において、思い切った額の政治資金を投入することはある。党本部としては支部の銀行口座に振り込むので問題はないし、政党助成金は税金なので相当厳しくやっている。公認会計士を入れて、どういうことに使ったか事後的にもチェックする。これについても、党の機関紙を相当多くの方に複数回配布したことが明らかになっていると党では説明している。


橋下:もう一つ、記録の保存についても、国民としては安倍政権の様々な判断を事後的に検証するためには原則、電子で残す。いま公開できない事情があったとしても、10年後、20年後には公開するということをしなければいけない。それがどうも安倍政権では無くなった、廃棄した、保存期間が過ぎているということが多い。

安倍総理:新型コロナウイルス対策の専門家会議の議事録の問題で少し誤解があるのは、“議事録はありません”と答えてしまったから全くそういうものがないという印象を与えてしまっただけで、議事概要を残すというのがガイドラインで決まったルールだった。自由闊達な議論をするために誰が発言したかは発表しないが、かなり詳しい概要は説明している。そして録音もあるし、速記録もある。これらはルールに則って公文書館に移管され、原則公開になる。ちゃんと議事録的なものは残っている。

橋下:一般的な1年未満の保存記録ということについても期限を決めずに残してほしい。紙だと保管場所が必要になるので、デジタルで残せばいいし、いま見せられないなら後で公開する。やっぱり後世に見てもらうために、全部を残す政府になってもらいたい。(ABEMA/『NewsBAR橋下』より)

・【ノーカット映像】安倍総理が緊急生出演!橋下氏と語る「この国の在り方」

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウイルス変異も「運がいい」日本

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    お嬢様迷惑ツアーに島が自粛要請

    SmartFLASH

  4. 4

    韓国の反日は日本にとって好機

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅氏、朝日新聞の抗議内容を否定

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    山下智久 JKモデルとホテル宿泊?

    文春オンライン

  7. 7

    文大統領の側近が一斉に辞意表明

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナ死者の多くは平均寿命近く

    名月論

  9. 9

    第2波よりも怖い米国企業の破綻

    長谷川高

  10. 10

    GoTo混乱収めるのはトップの仕事

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。