記事

全国民憤怒のトイレ不倫…渡部建が相方に言い放った自分勝手な言葉の是非

1/2

完璧な男が崩れ落ちるまで

複数の女性との不貞行為が明らかになり、芸能活動を自粛しているアンジャッシュの渡部建さん。6月18日発売の「週刊文春」では、渡部さんの不倫騒動の続報が書かれている。

<映画「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」制作報告会見>台本を手にする(左から)女優の杏、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉と渡部建=2018年5月10日 - 写真=スポーツニッポン新聞社/時事通信フォト

同誌によると、妻である女優の佐々木希さんは、渡部さんと離婚する意思がないこと、渡部さんが事務所関係者や番組スタッフに謝罪行脚を始めていることが報じられているが、今なお、テレビ界では渡部さんのスキャンダルによる混乱が続いている。

今回の報道がここまで大きくなってしまった理由は、それまでの渡部さんのイメージがあまりに好印象だったことが大きいだろう。

47歳に思えない細身の体型と端正な顔立ち、アスリートや漫画家などタレント以外に持つ華やかな人脈、そして2017年には女優の佐々木希さんと結婚したこともあり、仕事もプライベートも充実した“完璧な男”というイメージが形成されていたのだ。

だが、こうした渡部さんのポジティブなイメージは、彼のことを身近に知る人物の過去の発言を丁寧に拾っていくと、むしろ真逆である可能性が高いのだ。今回の渡部さんの不倫は起きるべくして起きたものであり、彼のグルメに代表される多彩な趣味も、渡部さんの戦略的に身に着けてきたものであることがわかっている。

渡部「児嶋はプライドがすごく高い」

どういうことか。過去に彼が出演した番組での発言をもとに検証していこう。

渡部さんがどんな人物かを知る素材として、もっとも重要な位置を占めるのが、2017年5月4日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「アンジャッシュ大好き芸人」だ。

この日の放送後半で、アンジャッシュに対し「この機会に互いの不満を言い合おう」というコーナーがあった。ここで、渡部さんは児嶋さんのことを「プライドがすごく高い」と批判する。

実は、グルメの渡部さんと違って児嶋さんは味音痴であることが知られている。渡部さんによると、鶏肉と豚肉と牛肉の味の区別がつかないという。

そこで渡部さんは児嶋さんの問題を具体的に指摘する。

豚肉、鶏肉、牛肉の味がわからない味音痴の児嶋さんは、味がわからないほうが「(芸人として)おいしい」にもかかわらず、それぞれの味の違いを「勉強してしまう」と不満を口にするのだ。

渡部さんとしては、芸人ならば無知であることイジられて、笑いに変えたほうがよいという考えなのだろう。

お笑い芸人渡部建の仕事に笑いは一切ない

だが、今日の渡部さんの行動は、自身の発言と真逆なものだ。

説明不要だが、渡部さんは、グルメはもちろん、恋愛、野球など豊富な知識を身につけており、それが司会業や書籍の仕事につながっている。そして、そこに笑いは一切ない。

さらに彼のインスタグラムには三浦知良氏や、イニエスタ、白鵬など大物とのツーショットが並び、芸人らしい「笑い」がないことはすでにプレジデントオンラインで報じたとおりだ。

そんな「笑い」を取らず、知識を身につけることを自身で選び、今回の不倫に至ったことが必然であったことは、すでに4年前に明らかになっている。

同じく、2016年7月7日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日)。この日の放送は「渡部大好き芸人」だった。

この放送回は、渡部さんが不倫に至る性格だったことを完全に裏付けるものだった。

番組冒頭で、普段芸人仲間からは「芸人界の恋愛王」「モテの総合商社」といったニックネームで呼ばれていることが紹介される。

「恋愛、スポーツ、グルメは廃れることがないからこれでいく」

そして、同じくゲストで登場した渡部さんの後輩である、いけだてつやさんが渡部さんのこんなプライベートのエピソードを披露する。

実は、渡部さんはいけださんに、「恋愛、スポーツ、グルメ。これは廃れることがないから俺はこれでいく」と発言していたと暴露するのだ。

これに対し、渡部さんは「そういうのをみんなの前で言っちゃだめ」と少し不満げな表情を浮かべる。

この渡部さんの返答からも、彼が本当に自分の好みでグルメになっているわけではないことは明らかだ。

同じくゲストとして出演していた渡部さんと20年以上付き合いのある土田晃之さんも、渡部さんは「努力の人」で、「いま持ち上げられている夜景鑑定士検定や、さかな検定などの資格は、すべて2000年代にとっている。今の彼は20歳のころの彼とは別人。ぜんぜんグルメじゃなかった。すべて努力して知識を身につけ、それをお金に変える人」と評している。さらにゲストとして出演していた有吉弘行さんも「昔、下北沢でカッスカスのメザシを『うめぇ!』と食っていた」とまったくグルメでなかったころの渡部さんのエピソードを口にしている。

つまり、渡部さんは後天的にグルメの知識を身につけ、ある時期からグルメを名乗るようになったのはこの放送を見れば明らかだ。

あわせて読みたい

「渡部建」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  2. 2

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  3. 3

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  4. 4

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  7. 7

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  8. 8

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  9. 9

    古館氏&橋下氏が憲法9条巡り激論

    ABEMA TIMES

  10. 10

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。