記事

新型コロナウイルスまで政府が感染症対策を蔑ろにしていたことは事実

東京新聞の記事です。

>厚生労働省が新型インフルエンザ流行後の2010年にまとめた感染症対策に関する報告書の提言が、事実上放置されてきた
いつも政府の対応に好意的な私ですが、正直この記事は事実です。だから保健所に文句がある人はいっぱいいたと思いますが、本当この削減された状況で頑張ってくれたことに頭が下がります。
>田村憲久衆院議員も本紙に「(在任時は)最優先課題に挙がっていなかった」
はい。当時いくら言っても聴いてくれませんでした。正直それは自衛隊も同じです。そう感染症対策は起きてからその重症度がわかるため、10年に1回ぐらいの事象にお金はかけられないというものでした。まして新型インフルエンザも被害はさほどでしたので尚更でした。それでも有志は細々とみんな頑張っていたのです。

今回お金も含めて政府が本気でやってくれています。是非この失敗(といってもまずまずの成果ですが)を糧にして、CDC含めて整備をお願いしたいです。

あわせて読みたい

「感染症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。