記事

米裁判所、トランプ政権のボルトン氏回顧録出版差し止め請求棄却


[ワシントン 20日 ロイター] - 米首都ワシントンの連邦地裁は20日、トランプ政権が求めていたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の回顧録出版差し止めを認めない判決を下した。

ボルトン氏は23日出版予定の回顧録で、トランプ大統領が中国の習近平国家主席に再選の支援を要請したことなどさまざまな政権の内幕を明らかにしている。これに対して政権側は、秘密情報が含まれていて米国の安全保障を脅かすとの理由を挙げ、裁判所に出版差し止め命令を出すよう請求した。

ただ連邦地裁のロイス・ランバース判事は「ボルトン氏の一方的な行動は重大な国家安全保障上の脅威を生み出しているとはいえ、出版差し止めがその適切な解決策であるという根拠を政府は確立していない」と指摘。また既に回顧録の抜粋が公表されている点から、差し止めを実行しても手遅れだとの見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  4. 4

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  8. 8

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。