記事

豊田章男社長 コロナ禍の株主総会で見せた涙芸と感謝力

決算発表は厳しい業績予想となった(写真提供/トヨタ自動車)

大企業トップの涙は珍しい(ImagineChina=時事通信フォト)

 コロナ禍の株主総会の中でも話題をさらったのが、6月11日のトヨタだった。豊田章男社長が不意に「涙」を見せたのだ。

【写真】バックは黄金色、フチなし眼鏡でマイクを前にする豊田章男氏

 トヨタは5月の決算発表で「5000億円黒字」の業績予想を公表。前年比8割減の厳しい予想とはいえ、それでもある株主から「(その予想は)あてになるのか」と、楽観を疑問視する声が上がった。豊田社長は、「地道な努力を続けてきた世界37万人の従業員ら全員で作り上げた見通しだ」とその質問に答え、目を潤ませたのである。

 豊田社長は窮地のたびに涙を滲ませてきた。2009年、米国でプリウスのリコール問題が起きた時は、袋叩きとなった米議会公聴会で毅然とした態度で謝罪。その後のディーラーや従業員との会合では「公聴会で私は1人ではなかった。あなた方と一緒だった」と声を詰まらせた。

 とりわけ欧米では「経営者が公の場で感情を露わにするのはマイナス」(在米ジャーナリスト)と言われているだけに、世界一の自動車企業トップの“涙”は話題を集めた。

 2期連続の減益見込みとなった2017年の株主総会でも、「これからも持続的な成長に向けて努力していきたい」と涙ぐんだ。

 社長の涙のたび、ピンチを脱して大きくなってきたトヨタ――涙は豊田社長にとって、従業員らを鼓舞する“芸”なのか。トヨタを長年取材する、経済ジャーナリストの片山修氏がいう。

「豊田章男氏が社長に就任した2009年は、リーマンショックの影響で4600億円もの赤字でした。しかし今回はそれ以上の危機にもかかわらず、5000億円の黒字見通しを発表したわけです。就任以来の組織改革、経営努力の結果といえます。

 豊田氏は純粋な人で、改革についてきてくれた社員を家族のように思っている。社員の頑張りへの感謝が涙という形で表われたのでしょう。その熱い気持ちは社員にも伝わるのではないか」

 いずれにしても、涙を流すのは“ここぞ”という時?

※週刊ポスト2020年7月3日号

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  5. 5

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  6. 6

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  7. 7

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  10. 10

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。