記事

火蓋は切られてしまったが・・・。

1/2

昨年の夏くらいに少し話題になったのを最後に、しばらくは「訴訟になった」というニュースも出ていなかったので、落ち着いてくれたかな・・・とひそかに期待していたのだが、残念ながら事態は行きつくところまでいってしまったようだ。

「2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の本庶佑特別教授は19日、がん免疫薬に関する特許の対価を巡り、小野薬品工業に対し約226億円の分配金などの支払いを求める訴訟を大阪地裁に起こした。両者は共同で特許を取得していた。」(日本経済新聞電子版2020年6月19日23:00配信 (2020/6/20 5:29更新)、強調筆者、以下同じ。)

まさに「産学連携を揺るがす大坂夏の陣」、ということで、昨年来くすぶっていた紛争の決着は法廷に持ち込まれることになった。

記事では、本件紛争に関して、以下のような説明が加えられている。

「訴状などによると、支払いを求めるのは「オプジーボ」に似たがん免疫薬を販売する米製薬大手メルクが小野薬品に支払う特許使用料の一部だ。小野薬品がメルクとの特許侵害訴訟で和解した際に決まった特許の使用対価の支払い配分を争う。」
「小野薬品は17年にメルクから受け取る額の1%を本庶氏に支払う旨を示していたとされる。本庶氏は「メルクから受け取る額の40%を支払う」との約束があると主張し、供託されている1%分を除く約226億円の支払いを求めている。」(同上)

「1%」と「40%」、あまりにも開き過ぎた配分料率の差と、その結果もたらされる200億円超の巨額の金額の差が、当事者の話し合いによる解決を困難にしたことは容易に想像がつくところ。

そして、本庶教授側は、既に代理人を通じて”場外戦”も仕掛けているようで、まさかの「日刊ゲンダイ」がこのニュースを取り上げていたりもする。
京大・本庶佑氏vs小野薬品の泥沼裁判 特許収入巡りこじれた決定的理由(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

「社長が直々に『40%』の支払いを約束したのに、後になって反故にし、『1%』+寄附金でお茶を濁そう、というけしからんことをするから訴えるのだ」という主張はなかなかセンセーショナルだし、ましてや原告がノーベル生理学・医学賞を受賞した著名な研究者となれば、この記事を見て「原告がんばれ!」と声を上げた人もさぞ多いことだろうが、この記事然り、日経紙が紹介している「概要」しかり、現時点ではあくまで原告側の主張のみに基づいて構成されたものである、ということには十分に留意しなければならない。

そして、かつて知財担当者として、北は東北から西は京都、大阪まで「企業側の担当者」として産学連携の協議の現場にたびたび同席した経験を持つものとしては、

「そうはいったって、まず出発点とすべきは、正式に取り交わされた『契約書』の中身だろう」

という思いは変わらないし、それは昨年中にアップしたエントリーの中でも、度々述べてきたとおりである。

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

k-houmu-sensi2005.hatenablog.com

自分は、原告側が自らの主張を裏付ける証拠として何を用意しているのか知る由もないのだが、全く何ら客観的証拠が存在しない状況で提訴まですることはちょっと考えにくいので、少なくともメールやその添付文書くらいは残っていると考えるのが普通だろう。

そして、仮に合意事項を記した何らかのメモ等が取り交わされているようなら、前日のエントリー(文書の成立の真正証明手段の話)とも関連した、「押印した正式な契約書の内容を上書きする内容のメール添付文書(あるいはメールそのもの)」が証拠として認められるかどうか、という話も、もしかしたら出てくるのかもしれない。

ただ、その時点できちんとした契約書をまくことなく、がん免疫薬として「オプジーボ」の市場が開拓された後になって対価を請求する、という対応は、本来であれば決して「勝ちパターン」とはいえないわけで、自分が昨年最初に記事に触れた時に抱いた直感どおりの結論ができるのか、それとも訴訟の場に出てくる決定的な証拠によって大きく形勢が逆転するのか、なかなか見えづらいところもあるのは確かである。

あわせて読みたい

「本庶佑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。