記事
  • WEDGE Infinity

黒人虐殺の地で味わった失望、トランプ氏のタルサ集会失敗 - 佐々木伸 (星槎大学大学院教授)

トランプ大統領は6月20日、11月の大統領選挙に向け、南部オクラホマ州タルサで約3カ月ぶりに大規模集会を開いた。今回の集会は支持率で民主党のバイデン前副大統領に後れを取る大統領にとって“反転攻勢”を狙ったものだった。だが、前宣伝とは大きく異なり、会場は空席が目立った。「集会が思惑外れに終わった」(米紙)ことで、大統領の再始動に早くも赤信号が灯った。

人が少なく、第2会場イベントを中止

そもそも今回の遊説は当初、19日に設定されていた。しかし、この日は歴史的な「黒人解放記念日」。全米で黒人差別撤廃運動が拡大している中、差別的な言動を繰り返してきたトランプ氏が集会を開けば、人種間の衝突が起きるといった懸念が考慮され、20日に延期された経緯がある。

 しかもタルサは1921年、黒人約300人が白人の暴徒によって虐殺される事件が起きた地である上、同州を含め南部や西部で最近、コロナウイルスの感染が急速に拡大し、公衆衛生当局が集会に強い懸念を表明、トランプ陣営に批判が高まっていた。

 だが、トランプ大統領は集会開催を強行した。なぜか。最近の支持率調査で軒並み、バイデン氏に大差(CNN調査で14ポイント差)を付けられ、とりわけ絶対に勝たなければならない中西部の激戦州で水をあけられている、という厳しい現実に直面していたからだ。

 ワシントン・ポストによると、特にミシガン州では1月に、バイデン氏を6ポイント差で追いかけていた支持率が16ポイント差に拡大、ウィスコンシン州でも約10ポイント差に広がった。トランプ氏は危機感を深め、コロナ禍で自粛していた遊説を早期に再開、支持者に直接働きかけることで劣勢を挽回しようと図った。それがタルサでの集会を開いた理由だ。

 会場となったのは1万9000人収容のアリーナ。トランプ氏は集会開催前のツイートで、20万人が入場チケットを求めているとし、また同氏陣営も百万人を超える支持者らが集会への参加を希望していると宣伝していた。しかし、実際にフタを開けてみると、「3分の1は空席」(ニューヨーク・タイムズ)状態。会場の動画を見る限り、「アメリカを再び偉大に」というロゴの入った赤い帽子をかぶった支持者らの熱気も盛り上がりに欠けているように見えた。2階席はガラガラだった。

 予定では、トランプ大統領はペンス副大統領とともに、会場に入り切れない支持者らのため、アリーナの外に設けられた第2会場でも演説をすることになっていた。だが、こうした閑散とした状況に急きょ、第2会場でのイベントは中止に追い込まれた。

 同紙は事情に精通した人の話として、大統領が集まった支持者の少ないことに激怒したという。大統領のスポークスマンは声明で、オンラインで数百万人が集会に参加したことを示唆したが、逆に集会の参加者が期待していたより、はるかに少なかったことを浮き彫りにする結果になった。

“支離滅裂な”演説

大統領の演説自体も「国が直面している危機に対処しない支離滅裂なもの」(同)だった。大統領は「今後5カ月後には寝ぼけたジョー(バイデン氏)を叩きのめす」と対決姿勢を示し、「わが党は(奴隷を開放した)リンカーンの党であり、法と秩序の党だ」と胸を張ってみせたものの、政治問題に発展している人種差別の緊張を和らげる言葉を発することはなかった。

 逆に黒人の暴行死に端を発した抗議デモを一様に「左派過激派」と呼び、「彼らは極めて暴力的な人々であり、歴史的な記念碑などを破壊している。彼ら狂人が町に繰り出すのを見たら、武装するのは全く正しいことだ」と対立を煽り、大統領として国民を融和させる姿勢は見せなかった。

 大統領は集会の前日、集会に合わせて予定されていた反トランプデモに対し、「ニューヨークなど他の場所で受けた(甘い)対応とは異なる光景になる」などと威嚇、けん制していた。実際には、集会時に会場の外で行われたデモは数百人と小規模で、平和的なものだった。

 コロナ禍について、大統領は“中国ウイルス”と呼んで中国をあらためて非難する一方、自分のコロナ対応を「驚異的な仕事」と自賛。さらに驚いたことに、国内の感染者数がこれ以上伸びないよう、ウイルス検査の速度を遅らせるよう指示したことも明らかにした。

 大統領自身マスクの着用を拒否し、集会でもマスクは着けなかった。集会に当たっては市当局の懸念に配慮し、入場者の体温検査を実施し、マスクを配布したが、会場でマスクをしている支持者は少なかった。

 トランプ氏がマスクをしないのは、コロナ禍が続いていることを国民に印象付けるのを嫌がっているとされるが、ワシントン・ポストによると、国民の4分の3はマスク着用を支持、共和党支持者でも3分の2が着用に賛同しており、トランプ氏のマスク拒否は与党内でももはや少数派だ。

 集会で大統領が気を遣った問題に自身の健康不安説がある。大統領は最近の陸軍士官学校卒業式でステージから降りる際、足取りが覚束なかったことについて、足元が滑りやすかったとあらためて強調。また水を飲む時、両手を使わないとコップを口元まで上げられなかった点について、「ネクタイを汚すのが嫌だったから」と弁明し、片手で水を飲んで見せた。さらに自らの健康不安説を打ち消そうとしたのか、「バイデン氏に何か健康上の問題がある」とライバルの体調に言及した。

 トランプ氏は今後も遊説を続け、支持者らに直接話しかける戦略だが、ニューヨーク連邦地検検事の解任問題に加え、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の内幕暴露本の出版が控えており、苦しい立場が当面続くのは間違いない。特にボルトン氏の暴露本は大統領が再選支援を中国の習近平国家主席に要請したことなどを赤裸々に描写しているとされ、大統領はさらなる支持率低下に悩むことになりそうだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  3. 3

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  4. 4

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  8. 8

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  9. 9

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。