記事

コロナ対応の入試日程決着

文部科学省は、昨日19日、本年度実施の入試について、基本的な事項を示す「大学入学者選抜実施要項」をまとめ、全国の国公私立大学などに通知しました。新型コロナウイルスにより休校が長期化したので、大学入試共通テストの試験日に予定通りの「第1日程」に加えて、2週間後の「第2日程」を設けました。

現役の高校生は、学習の遅れを理由に第2日程を選択でき、今後どのような条件なら第2日程を選べるのか、詳細を詰める、ということです。浪人生など既卒者は、第2日程を選べません。また、個別試験を行う大学に対して、出題範囲を例年より絞るよう要請しました。

また、来年1月の大学入学共通テストは、二つの日程に加えて、新たに特例追試を設け3段構えをとることにしたと報じられています。入試日程を巡っては、文部科学省と高校団体との間で意見が合わないできました。

全国高校長協会は、全体の日程を1ヶ月程度後ろにずらすよう要望書をまとめましたが、一部の私学の意見が入っていないとして、文科省は受け取りませんでした。入試日程が複雑になり、第一日程と第二日程の難易度をそろえらるのかが課題とされています。

共通テストの成績を重視して合否を決める地方国立大などでは、平均点に差がつかないか神経質になり、受験生も不安を感じることになりそうです。各大学が、いずれかの日程の成績だけを活用すると決められるようにすることも一案、という意見もあります。

追試などの設定に強制力はなく、最終的な判断は各大学に委ねられます。第2日程を選択した受験生は、私大の一般選抜は早い所で2月1日に始まるので、過密スケジュールになる懸念も指摘されています。

その頃に第2波、第3波が来る心配もあります。大学の入試によって、受験生の人生が大きく左右されることもあります。各大学では、コロナ禍の被害者でもある受験生の身になって、それぞれに工夫をしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「大学入試改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1枚1円レジ袋 大量買いの珍風景

    中川 淳一郎

  2. 2

    山手線 中国・韓国語表示消えた?

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    韓国サムスン 反中感情追い風か

    ロイター

  4. 4

    医師しか発言許されぬ残念な風潮

    青山まさゆき

  5. 5

    駅前の果物販売は盗品? 投稿話題

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「経済重視」で経済が回らない訳

    鈴木しんじ

  7. 7

    橋下氏 キャバ批判の知事に苦言

    橋下徹

  8. 8

    身近に感染者は? 約9割「0人」

    かさこ

  9. 9

    ユニクロの策 客をスタッフ勧誘

    文春オンライン

  10. 10

    感染者数に囚われる日本の不思議

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。