記事

"北朝鮮の姫"金与正が「南北融和の象徴」をわざわざ爆破した本当の理由

2/2

なぜ韓国は「アメをあげても足元を見られるだけ」が分からないのか

さて新聞の社説はどう見ているか。6月18日付の産経新聞の社説(主張)は、「連絡事務所爆破 北朝鮮にアメを与えるな」との見出しを立てて強く批判する。

「脱北者団体による金正恩朝鮮労働党委員長への批判ビラ散布を許した韓国への報復というが、あまりに短絡的で過激な反応だ。韓国への敵対姿勢は自らの焦燥感の裏返しではないのか」

「自らの焦燥感の裏返し」。確かに金正恩委員長は焦って苛立っている。その焦りと苛立ちが何に由来するものなのかを突き止めることが重要なのである。己の寿命を悟ったうえでの行動なのかもしれない。

産経社説は訴える。

「北朝鮮は、板門店宣言にある韓国の経済協力が実施されていないことに不満を表明している。国連制裁下では不可能な協力を約束した文在寅大統領は、まず前のめりの対北外交を反省すべきだ」

「ただ、それ以上に重要なのは危険な行為に譲歩などのアメを与えないことである。文氏は特使派遣を目指したが拒否された。対話の呼びかけは通用しない。融和路線と決別し、毅然とした態度でこの局面に向き合ってもらいたい」

韓国に北朝鮮外交を反省してもらうのは当然だ。アメリカと北朝鮮の間に入って米朝首脳会談を実現したとはいえ、文政権は北朝鮮に軽くあしらわれている。日本から見ていても情けなく感じることが多い。今回の爆破がそのいい例である。特使派遣も暴露され、批判材料に使われた。相手の足元(弱み)を見てくるのが北朝鮮だ。産経社説が主張するようにアメは通じない。

「金与正氏の存在」と「金正恩氏の健康不安説」の関係性

産経社説は指摘する。

「米朝交渉は行き詰まり、正恩氏がパイプを持つトランプ米大統領は選挙を控えている。制裁緩和の展望が開けない。突出した行為は気を引く狙いもあるのだろう」

「日米もまた、アメを与えないことを肝に銘じねばならない。今一度、『最大限の圧力』の原則を確認し、韓国に足並みをそろえるよう求めていく必要がある」

日本とアメリカも「韓国にアメを与えるな」という産経社説には賛成だ。前述したように北朝鮮は少しでも隙を見せると、つけ込んでくる。その意味でやはり問題は韓国なのだ。韓国は反日感情を理性で抑え、日米に協力して北朝鮮の核・ミサイル開発に対処していくべきだ。とくに日本は拉致という切実な問題をなんとしても解決したい。

産経社説は「正恩氏の妹の与正党第1副部長が指導者のごとく振る舞っていることも、正恩氏の健康不安説とあいまって気がかりだ。不測の事態への備えも欠かせない」とも指摘する。「金与正氏の存在」と「金正恩氏の健康不安説」。産経社説は、沙鴎一歩が気にしていることを「不測の事態」と書く。さすが北朝鮮事情に詳しい新聞である。国際社会はこの不測の事態を常に想定しておく必要がある。

爆破は「仕方がない」では済まされない重大な問題

次に毎日新聞の社説(6月18日付)を見てみよう。

毎日社説は「南北連絡事務所の爆破 挑発で苦境は打開できぬ」との見出しを掲げ、爆破の理由をこう説明する。

「対話路線の成果と位置づけてきた文政権への心理的な打撃を狙ったようだ」
「だが、ビラ散布は首脳会談後も続いていた。真の動機は文政権への不満だと考えられる」

「心理的打撃」と「不満」。一般的な見方の域を出ていない。新聞の社説である以上、毎日新聞らしい指摘や主張がほしい。

毎日社説は続けて書く。

「金氏は、文政権の仲介でトランプ米大統領と会談した。文氏との首脳会談も3回行い、経済協力など多くの約束をした」

「しかし、トランプ氏との会談を重ねても米国から制裁解除を引き出すことはできなかった。韓国との合意も国連制裁に阻まれ、ほとんど実現していない」

「北朝鮮が国際社会の求める非核化に応じていない以上、仕方がない。金氏が期待を裏切られたと考えているのなら、身勝手な思い込みである」

爆破は「仕方がない」では済まされない重大な問題だ。「身勝手な思い込み」というのも、北朝鮮はそういう考え方しかできない国なのだ。産経社説に比べ、毎日社説はどこか甘い感じがする。

どうして毎日社説は北朝鮮に手厳しい指摘ができなかったのか

毎日社説は指摘する。

「北朝鮮への国連制裁は16年から大幅に強化され、外貨獲得の道が次々と閉ざされた。最近は、新型コロナウイルスの影響もあって首都の市民生活まで苦しくなったと見られる。金氏には、挑発によって苦境を打開しようという思惑があるのだろう」

「韓国を挑発して苦境から逃れる」。これも北朝鮮の思惑だろうが、ここももう少し突っ込んだ指摘がほしい。

最後に「だが韓国をさらに圧迫して日米との連携を崩したとしても、状況は変わらない。金氏は、現実にきちんと向き合わねばならない」と主張するが、これも甘い。どうして毎日社説は今回、北朝鮮に手厳しい主張や指摘ができなかったのだろうか。残念である。

(ジャーナリスト 沙鴎 一歩)

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  5. 5

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  6. 6

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  7. 7

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。