記事

"北朝鮮の姫"金与正が「南北融和の象徴」をわざわざ爆破した本当の理由

1/2

「南北融和政策」の大きな成果のひとつだったが…

6月16日午後2時50分ごろ、北朝鮮の南西部にある開城(ケソン)に設けられていた「南北共同連絡事務所」が北朝鮮によって爆破された。

まず爆破までの経緯を簡単に振り返ってみよう。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の特使として訪韓し、文在寅大統領(左)と会談する金与正党第1副部長(右)(韓国・ソウル)

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の特使として訪韓し、文在寅大統領(左)と会談する金与正党第1副部長(右)(韓国・ソウル)=2018年2月10日 - 写真=AFP/時事通信フォト

4日に北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長が、「最高尊厳の委員長を批判するビラを大型の風船を使って飛ばした」と韓国の脱北者団体を批判するとともに、韓国政府に対しても「これを黙認した」と強く抗議した。13日には「近く連絡事務所が跡形もなく崩れる光景を見ることになる」との金与正氏自身の談話まで北朝鮮は発表した。

金与正氏は朝鮮労働党委員長の金正恩(キム・ジョンウン)氏の実妹で、金正恩氏が一番信頼している人物だ。兄が妹を前面に押し出し、妹が国内外から脚光を浴びた格好である。

連絡事務所は2018年4月に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩委員長とが南北首脳会談で署名した「板門店(パンムンジョム)宣言」にその設置が盛り込まれ、同年9月に開設された。建物は地上4階、地下1階だった。

韓国の文在寅政権の「南北融和政策」の大きな成果のひとつであり、南北間の交渉や連絡、南北当局間の会談のために南北の当局者が常駐して意思の疎通を図ってきた。幸いなことに爆破当時、建物内にはだれもいなかった。

「ビラで批判した」というのは北の口実に過ぎない

16日の爆破後、韓国大統領府は緊急の国家安全保障会議(NSC)を開いて「朝鮮半島の平和を望むすべての人々の期待を裏切る行為だ」との強い遺憾の意を表明した。韓国国防省も「北朝鮮の動向を24時間監視している」と強調し、「北朝鮮が挑発行為を続けるなら、韓国軍は強力に応じる」と警告。朝鮮半島に緊張が走った。

それにしても北朝鮮はなぜ、南北融和政策を推し進めてきた韓国の文政権をここまで激怒させる挑発行動に出たのか。北朝鮮の思惑はどこにあるのだろうか。

ビラで批判したというのは口実に過ぎないというのが大方の見方である。沙鴎一歩もそう思う。これまでにも同様のビラはバラまかれてきたからだ。

また北朝鮮が爆破に踏み切ったのは、対話を目指す韓国の文政権に強い圧力をかけて譲歩させ、経済支援を引き出そうと狙っているからだとも指摘されている。北朝鮮は中国での新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を受け、中国との国境を閉ざした。中国経済に依存しているだけに国境閉鎖は北朝鮮にとって大きな痛手となり、苦しい経済がさらに行き詰まり、金正恩体制自体が不安定になる危険が生じた。

「金正恩委員長の重体説」のニュースをどう読み解くか

さらに融和の象徴を爆破することによって韓国との緊張関係を世界に見せつけ、11月のアメリカの大統領選に全力投球しているトランプ大統領を揺さぶる狙いもあると見られる。荒っぽい挑発行為は北朝鮮の常套手段であり、国際社会から制裁を受けても核・ミサイルの開発を止めるどころか、ミサイル実験を続けるというこれまでの強硬なやり方とも通じる。

沙鴎一歩が特に気になるのは、「金正恩委員長の重体説」である。アメリカのCNNテレビや北朝鮮専門のインターネット新聞「デイリーNK」などが「手術を受け、重篤な状態になっている」と伝えたニュースだ。

このことは4月27日付の記事「『4万人超が隔離』コロナ蔓延の北朝鮮が、いま崩壊したらどうなるのか」でもこう触れた。

「金正恩氏は36歳(推定)にもかかわらず、高血圧や心臓病、糖尿病などの持病を抱えているという。太り過ぎであることは明らかで、彼に深刻な持病があっても不思議ではない。新型コロナウイルスの感染も気になる」

その後、金正恩氏は元気そうな姿を見せたが、火のないところに煙は立たない。あのときの重体説がどうしても頭から離れない。

金正恩氏は実妹を北朝鮮の最高権力者にしようと動いている

仮に金正恩氏が大きな手術で九死に一生を得たとすれば、後遺症は残る。自分がどのくらい生きられるのかも見えてくるはずだ。そのときに独裁者は「後継者をきちんと作っておく必要がある」と気付く。その後継者が実妹の金与正氏なのである。金与正氏は31歳(推定)、いまの北朝鮮の体制を築いた金日成(キム・イルソン)主席の血を孫として正当に受け継ぐ、白頭山の血統だ。

こう考えると、今回の開城の共同連絡事務所の爆破で金与正氏が前面に出てきた意味がよく分かるだろう。北朝鮮にとって爆破は、金正恩が金与正氏の存在を国の内外に強く示す檜舞台だったのである。

4月27日付の記事では「専門家らは、平壌で昨年12月、朝鮮労働党の中央委員会総会が平壌で開催されたとき、金正恩氏が統治能力を失った場合には『統治権限を金与正氏に与える』との決定が下されたと解説している」とも書いた。北朝鮮では金与正氏に最高権力を移行する準備が進められている可能性は否定できない。

確かに北朝鮮は国際社会から隔絶され、情報が漏れにくい。それだけに北朝鮮の動きは、絶えず複眼を持って対応する必要があると思う。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  7. 7

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  8. 8

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。