記事

【出前ロボ】、悪天候に強い低コスト宅配ロボット!人気イン&アウトバーガーも欲しい?



■新型コロナウイルス感染拡大では悪いことだけではなく良いこともある。人との接触を避けるためイノベーションが促進されるのだ。

これまでテスト出来なかったこともパンデミックの影響で実証実験が比較的可能となっている。その一つが出前ロボットだ。

地域住民の健康をウイルスから守るため、コンタクトレスのロボット宅配が多くの自治体から注目されているのだ。

ロボット開発のスタートアップのスターシップテクノロジー(Starship Technologies)によるレストランからの出前ロボットやスタートアップ企業のニューロ(Nuro)による処方箋宅配、IT大手アルファベットの関連企業ウィング・アビエーションのドローンを使った空輸宅配がある。

今日紹介するのは昨年7月にローンチしたばかりのスタートアップ企業、リフレクションAI(Reflection AI)によるロボット宅配だ。

ミシガン州アナーバーで起業したリフレクションAIは昨年12月から配達ロボ「REV-1」で出前サービスを展開している。

アナーバー地区のダウンタウン4ヶ所のレストランから2.5マイル(4キロメートル)圏内の宅配を行っているのだ。

他のロボット開発のスタートアップと違うのは悪天候の多いミシガン州で出前ロボを稼働させている点だ。

リフレクションAIは、出前ロボを開発する企業が避けるような雪や雨が多いエリアでREV-1の実証実験を繰り返している。

3輪車のREV-1の重量は100ポンド(約45キログラム)ほどで、高さは5フィート(約1.5メートル)、全長は4.5フィート(約1.4メートル)、幅は2.5フィート(約75センチメートル)。

REV-1の上部にあるトランクの容量は16立方フィート(約1.5平方メートル)で、食料品の買い物袋が5つほど余裕で入るようにデザインされている。

パンデミック以降、トランク内には殺菌用のUVライトも設置されている。

通常は自転車レーンを時速15マイル(時速24キロメートル)で走行し、停止にかかる距離は5フィート(約1.5メートル)ほど。

雨や雪でも無理なく走行できる仕様になっているのだ。REV-1は12台のライダーやセンサーを搭載しているが軽量で低コストになるようにも設計されている。

 低コスト設計によりレストランの負担を下げている。オンデマンドのフードデリバリーサービス「グラブハブ(GrubHub)」や「ドアダッシュ(Doordash)」では注文1件当たり30%をレストランにコミッションをチャージする。REV-1ではこれが15%となっており、顧客の手数料も3ドルと抑えたものだ。

 いまだに終息しないパンデミックは出前ロボの需要を拡大させ、起業からわずかな時間でも各地から引く手あまたの状態になっているのだ。

トップ動画:三輪車型の出前ロボ「REV-1」は低コストで雨や雪でも無理なく走行できる仕様になっており、他の出前ロボと差別化されている。



イン&アウトバーガーのレジは仕切り板のアクリル板が設置され、ほぼ飲み放題となっていたドリンクバーは立入禁止になり、スタッフが飲み物を聞いてカップに注ぐ仕組みとなっている。スタッフもお客もマスク着用だ。



お客の間隔をあけるため、多くのテーブルの上に「利用不可」と表示されている。後藤は午後4時半ころに行ったのだが、お客の多くはテイクアウト注文で、イートイン客は後藤と4人家族の二組のみと寂しいものだった。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。先日、久しぶりにイン&アウトバーガーに行って店内で食べてきました。カリフォルニア州ではレストランのイートイン(dine-in)が一定のルールの基で再開されたのです。イン&アウトバーガーのレジは仕切り板のアクリル板が設置されていました。ほぼ飲み放題となっていたドリンクバーは立入禁止になり、スタッフが飲み物を聞いてカップに注いでくれるという仕組みです。ケッチャップもポンプ式のセルフサービスではなく、パックでもらいます。

無論、スタッフもお客もマスク着用です。イートインはお客の間隔をあけるため、多くのテーブルの上に「利用不可」と表示されていました。後藤は午後4時半ころに行ったのですが、お客の多くはテイクアウト注文で、イートイン客は後藤と4人家族の二組のみと寂しいものでした。人が少ない時間帯に行ったとはいえ大人気のイン&アウトバーガーがそうなのですから、他のレストランは目も当てられない状況ではないでしょうか。

レストラン内でのイートインが敬遠されることはまだまだ続きそうです。出前ロボットが活躍しそうな地域も増えると思います。

あわせて読みたい

「ロボット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。