記事

プールと新型コロナウイルス あるいはスポーツ一般について

1/2

 今書いている文章の一部、よく聞かれるので。

 よく質問されるのは、「プールで水泳したいのだが、新型コロナウイルス対策はどのようにすればいいのか」というものです。

 理論的には、プールで感染する可能性のあるウイルス感染症は糞口感染と皮膚からの接触感染だと思います。

 過去には、アデノウイルス、A型肝炎ウイルス、ノロウイルスなどの水泳プールでの感染アウトブレイクが起きてきました(Bonadonna L, La Rosa G. A Review and Update on Waterborne Viral Diseases Associated with Swimming Pools. Int J Environ Res Public Health [Internet]. 2019 Jan [cited 2020 Jun 19];16(2). Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6352248/)。プールの水や浮き輪、はしごなどに付着した鼻水、唾液、糞便、などが感染源のようです。

 しかし、こうした感染症はプールの消毒が十分に行われていない状況で起きたものがほとんどで、塩素系の消毒を適切に行なった場合はプールの水の細菌やウイルスは即座に死んでしまいます(Safe Recreational Waters II - Ch 3 [Internet]. World Health Organization; [cited 2020 Jun 19]. Available from: https://www.who.int/docstore/water_sanitation_health/Recreational_water/htm/Volume2/recreatIIs-chap3.htm)。よって、適切に塩素系の消毒が行われているプールであれば、水の中で新型コロナウイルス感染に遭遇する可能性はほぼないと思います。水中でのマスクやフェイスシールドも不要です。

 もちろん、水上で、咳などから飛沫感染をする可能性は(プールの内外で)残ります。ですから、やはりソーシャルディスタンスは大事でして、2m程度の距離を他の人と確保することが大事です。水泳教室でよくあるような距離の狭い行列を作ったりするのは回避しなければなりません。
 狭いプールサイドで十分な距離を確保できない場合は(プールの外では)マスクを着用するのも一案でしょう。また、ドアノブなどに触れた時の手指消毒もとても大事です。これはプールとは無関係に適用できる一般的な対応策ですね。

 ちょっと心配なのは更衣室です。もちろん、タオルのシェアはご法度です。ここでも密な空間を作らないように、ゆとりのある空間を確保して着替え時間をずらすことが大事になるでしょう。
 プールの経営サイドとしては、プールの水も含め、適切な環境消毒がとても大切になります。ただ、神経質なまでに消毒にこだわりすぎてしまうとスタッフも疲弊しますから(よくあります)やりすぎには要注意です。日本スイミングクラブ協会がガイドラインを作っていますが、よくできていると思います。こちらもご参照ください(http://www.sc-net.or.jp/pdf/COVID19_Guidelines.pdf)。

 これは水泳に限ったことではありませんが、リスクが高いのはむしろスイマーというよりは、付添の親御さんだと思います。ぼくも親として経験がありますが、見守っている親のほうが密集を発生させやすいんですよね。ちょっと残念かもしれませんが、親御さんは我が子の水泳姿を見るのは断念して、送り迎えなどに徹するのがよいと思います。十分な人と人との間隔を確保できたり、おしゃべりをしないなどの環境・ルールが整備できればその限りではないですが、一般的にプールにおいては十分な観覧スペースって確保が難しいように思っています(日本のプールを網羅的に調べたわけではないので、例外はあるかもしれません)。

 スポーツとは関係ないですが、応用問題として温泉などの公衆浴場を考えてみましょう。

 温泉の温度は場所や浴槽により異なりますが、40℃台のところが多いようです。この温度では新型コロナウイルスは即座には死にません。
 調べた限りにおいては、温泉のお湯から人間に新型コロナウイルスが感染する経路を吟味したシミュレーションなどの研究はないようです。論理的には、感染者の唾液や鼻水がお湯に混じってしまい、その湯気が気道に入って感染する可能性は否定できないと思います。

 ただし、これはあくまでも論理的には、という話。リアルワールドで感染リスクを考えるときは「頻度」を考えるのがとても大切です。大きな公衆浴場で、たまたま偶然コロナウイルス感染者が混じっていて、たまたま偶然その感染者の飛沫がお湯にまじり、たまたま偶然ウイルスが混入した水が湯気になって自分の口に入っていく可能性は、少なくとも本稿を書いている現時点においてはとても低いと思います。

 繰り返しますが、新型コロナウイルスを考える上で、「頻度」「数」を勘定に入れるのは極めて重要なのです。数々の抗体検査が示唆するのは、日本の大都市においての抗体陽性者は0.1%前後、つまり千人に一人くらいか、その前後ということです。これはあくまでも累計で、過去の感染者を全部足したらそれくらい、という計算なので(ここには専門的にはいろいろツッコミどころはあるのですが、ここでは便宜上無視します)、「現在」「今」感染している人はこれよりずっとずっと少ないことは容易に推察できます。そういう状況下では、「頻度」として、たまたま入った温泉でお湯から感染するリスクは非常に小さくなるのです。逆に、感染者が非常に多くなった状況下では温泉はおろか、外出もご法度になるのですが。

 日本温泉協会が新型コロナウイルス対応ガイドラインを発表しています(https://www.spa.or.jp/news/general/4199/)。熱や咳などの症状がある場合は来館を自粛するなど、ごく一般的な記載に留められていますが、逆に言えば温泉・公衆浴場での「特別な」コロナウイルス対策というのは存在せず、ごく一般的な感染対策を援用するのがよいのだとぼくは考えます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  10. 10

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。