記事

コロナで加速? “飲食チェーン”“大食い”に頼るバラエティ

1/2
4月よりスタートしている『デカ盛りハンター』(公式HPより)

 緊急事態宣言が解除され、日常が少しずつ戻りつつある。テレビ界でも、番組の撮影がスタートされ始めた。そんななか、放送されているバラエティ番組にある傾向が見られるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *

 このところ飲食チェーンをフィーチャーしたバラエティが明らかに増えています。

 たとえば、8日の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP 帰れま10』(テレビ朝日系)ではガスト、12日の『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)ではピザーラと丸亀製麵、13日の『ジョブチューン』(TBS系)ではスシローのメニューが大量に紹介されました。

 また、14日の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)では、かつや、富士そば、築地銀だこの経営者が「つぶれそうな店を立て直す」という企画で飲食チェーンの凄さを感じさせましたし、情報番組でも飲食チェーンの商品を扱うコーナーが頻繁に見られます。

 飲食チェーンをフィーチャーしたバラエティで、よく見られるのは、大食いの構成・演出。『帰れま10』ではガストの宅配メニュー45品の中から売上上位10品を当てるまで食べ続け、『ウワサのお客さま』ではピザーラのピザ全42種類をランキング順に食べていきました。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でも毎週のように大食い企画「チャレンジグルメ」が放送されていますし、今年4月に新番組『デカ盛りハンター』(テレビ東京系)がスタートするなど、飲食チェーンと同様に大食い企画も増えているのです。

 なぜ今、バラエティで飲食チェーンと大食い企画が増えているのでしょうか。コロナ禍の影響はあるのでしょうか。

◆コロナ禍で「最も手の届きそうな外食」に

 バラエティで飲食チェーンを扱う最大のメリットは、視聴者に親しみやすさを感じさせられること。安くて、近くに店があって、お腹いっぱい食べられる飲食チェーンは、人々の嗜好が細分化した今、老若男女が同じように楽しめる数少ないものです。前述した番組のほとんどが、より多くの人々が視聴しやすい金・土・日曜の夜に放送されていることからも、それがわかるのではないでしょうか。だからこそバラエティでは、「食べたことがある」「今度食べたいと思っていた」「懐かしい!まだこれあるの?」などと思わせるメニューを次々に登場させ、親しみやすさを加速させているのです。

 そんな飲食チェーンにも、新型コロナウイルスはさまざまな影響を与えていました。緊急事態宣言による外出自粛が続き、家で食事をとる毎日になったことで、「最も身近で手の届きそうな外食」である飲食チェーンに注目が集まったのです。逆に高級店は、まだまだ我慢を強いられ、先行きが不透明な現在の状況には合わないため、ほとんど放送されることはありません。

 さらに飲食チェーンはデリバリー対応しているところが多く、コロナ禍で売り上げがアップしたところも多いようです。実際、前述した『帰れま10』はガストの宅配メニューをピックアップした視聴者感情に寄り添うような企画でした。

 また、大食いの映像には、「料理も、食べっぷりも、映像の圧倒的なインパクトで視聴者の目を引きつけられる」というメリットがあります。『有吉ゼミ』の「チャレンジグルメ」がギャル曽根さんらの奮闘もあって高視聴率を連発し、YouTubeでも大食い動画が人気コンテンツになり、新たな大食いスター候補が次々に誕生。飲食チェーンがフィーチャーされていること以外にも、大食い企画が増えているハッキリとした理由があるのです。

あわせて読みたい

「バラエティ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  5. 5

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  9. 9

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。