記事

ボルトン氏暴露本、抜粋報道受け差し止めは「後の祭り」と米判事


[19日 ロイター] - 米連邦地裁判事は19日、トランプ政権の内幕を描いたボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の著書に対するホワイトハウスの出版差し止め請求について疑念を呈した。

米政府は16日、23日に予定されているボルトン氏暴露本の出版の差し止めを求めて訴訟を提起。機密情報が含まれているため、出版すれば国家安全保障を危険にさらすと主張している。

同訴訟を担当するワシントンのロイス・ランバース判事は公聴会で、著書の抜粋がメディアに掲載されたことなどを受け、「後の祭りだ」と指摘。判決を出す前に著書の内容を見直すとした。

司法省のデビッド・モレル弁護士は、ボルトン氏は恨みを抱いており、機密情報を政府の許可なしで出版することで「見返りを得る」べきではないと主張。ボルトン氏は著書を回収するか、出版を停止する必要があるとした。

一方、ボルトン氏のチャールズ・クーパー弁護士は出版停止は言論の自由を侵害すると反論した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    田原氏 菅首相の行政改革に期待

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。