記事

平和の使者から毒舌悪女へ「豹変した金与正」に韓国国民の怒りは臨界点を超えた《現地レポート》 - 金 敬哲

1/2

〈できることならやってみればよい。もしお前たちが挑発でもしたら、私たちも手加減するつもりはないからな! 一部の脱北者がビラをばらまくことには私も反対だが、それを言い訳に文句をつけるなら、覚悟はしなければならないだろう〉

【画像】着飾った平壌市民に囲まれる金与正氏(2018年9月)

 北朝鮮が6月16日、開城工業団地内の南北共同連絡事務所を爆破した。“南北交流の象徴”ともされた建物の爆破で、韓国国内では、北朝鮮に対する強硬ムードが急速に広がっている。冒頭で紹介したのは、文在寅政権寄りの進歩的なユーザーが集まるネット掲示板への書き込みだ。この書き込みには「いいね!」が82件付いていた。

親北・文在寅政権も「これ以上耐えられない」

 親北路線の文在寅政権も、爆破翌日の17日、政権発足以来もっとも強硬なメッセージを北に発した。

「非常に無礼な語調で批判したのは非常識な行為だ」

「このような道理をわきまえられない言動に、我々としてはこれ以上耐えることはない」

 3日前に爆破を予告したのが、北朝鮮の金正恩委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)第1副部長だったことも、韓国国民にとっても大きなショックを与えた。

 与正氏は、2018年2月の平昌五輪の際に韓国大統領府を訪問し、文在寅大統領に金正恩委員長の親書を伝達して、板門店での南北首脳会談のきっかけを作った。


2018年2月、文在寅大統領と笑顔で握手する金与正氏 ©AFLO

 その後も文大統領と4度会うなど、南北の平和ムードを演出する場には決まったように微笑みを浮かべた与正氏が登場し、「韓国と一番親しい北朝鮮政治家」のイメージを作ってきた。韓国メディアが「平和のメッセンジャー」というニックネームまで付けたほどだ。

 そんな彼女が突然、微笑みの表情から豹変して、今年3月以降、「韓国当局と決別する時が来たようだ」と韓国を罵るようになった。文大統領を名指しにして、脅迫ともとれる発言を繰り返し、激しい言葉を連発する「毒舌の女王」に急変していた。

 そして6月13日、与正氏が発したメッセージが、「近い将来、役に立たない北南共同連絡事務所が跡形もなく崩れる悲惨な光景を見ることになる」という、連絡事務所の爆破予告だった。

 その爆破が実行に移されて、さすがの文在寅大統領も、与正氏に対する我慢も限界に達したようだ。

国民の「北朝鮮への融和ムード」は激変した

 今回の爆破で、国民にも動揺が広がっている。爆破翌日の17日午後、大統領府で開催された外交安保の重鎮らとの午餐会では、文在寅大統領自らが、与正氏の過激な発言について取り上げ、次のように指摘した。

「国民たちが大きな衝撃を受けないかと憂慮される」

 文大統領の言葉通り、2週間以上続いている与正氏の“毒舌”によって、韓国国民の間でも、北朝鮮と南北関係に対する否定的な世論が日々高まっている。

 それまで韓国では、国民の間でも北朝鮮に対する融和的なムードが大勢を占めていた。

 6月4日、与正氏が脱北団体の北朝鮮へのビラ散布を口実に、韓国を非難しはじめた時でさえ、韓国では北朝鮮へのビラ散布に反対する声の方が大きかったのだ。

 韓国KBSの研究所が6月5日~9日まで全国の成人男女を対象に行った世論調査によると、北朝鮮へのビラ散布について「続けるべきだ」という意見が39.4%だったのに対し、「中断すべきだ」という意見は60.6%に達した。

 また、国連制裁に抵触しない事案なら南北間の交流協力を「推進すべき」という意見は69.6%で、「反対する」の29.4%を大きく上回り、南北間の交流が続けられるべきだという世論が優勢だった。

 しかし、与正氏の毒舌の激しさが増すにつれて、韓国内の世論も変化し始めた。

 ビッグデータ分析媒体の「ビクターニュース」は、韓国の2大ポータルサイトである「ネイバー(NAVER)」と「ダウム(DAUM)」に書き込まれた3月3日~6月14日までのコメントを用いて、北朝鮮に対する韓国人の世論推移を分析する記事(6月15日付)を掲載した。

 同記事によると、保守的な性向の強いネイバーはもとより、政権寄りで進歩的な性向の強いダウムの書き込みでも、連絡事務所爆破を予告した6月13日から、北朝鮮に対する強硬ムードが広がっているという。記事で紹介されたコメントは、冒頭で紹介した他にも、次のようなものがあった。

〈私は南北の和解と平和を祈っているが、北朝鮮のゴミみたいな行動には憤りがこみ上げる。(いいね! 130件)〉

〈よし! いつでもかかってこい。もう地球から永遠に消えるようにしてやるから。そうやって北朝鮮をやっつけて統一を成し遂げよう!! それから、その次に親日反民族の土着倭寇の番だ(いいね! 36件)〉

 同記事は、次のように分析している。

「13日に金与正が『次の段階の行動を取る。次回の対敵行動の行使権は軍隊総参謀部に移管する』と軍事行動に触れた時、ダウムのネットユーザーの世論も臨界点に達したように憤りが露わとなった。書き込み掲示板では、文在寅政府の支持者と思われるネットユーザーたちの北朝鮮に対する強硬なコメントが相次いだ」

あわせて読みたい

「金与正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  7. 7

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  8. 8

    アマビエ商標出願 電通の思惑は

    WEDGE Infinity

  9. 9

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  10. 10

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。