記事

FRB、銀行ストレステストにコロナ禍分析の追加手法採用=副議長


[ワシントン 19日 ロイター] - クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長(金融規制担当)は19日、銀行ストレステスト(健全性審査)について、資本要件の決定には新型コロナウイルス感染拡大前に策定した基準を利用するが、配当金支払いなどの余剰資金の配分方法については、コロナ禍に起因する要因を反映する手法を追加的に採用すると明らかにした。

クオールズ副議長は講演で、新型ウイルス感染拡大による経済への長期的な影響を巡り「前代未聞の不確実性」が存在する中、FRBは3通りのシナリオの下でストレステストを実施すると説明。その結果に基づき、各行が配当金支払いや自社株買い戻しを実施できるかを判断するとした。

FRBは4月、ストレステストにコロナ禍に関連する分析事項を加えると表明。クオールズ副議長によると、景気回復の経過について「V字型」、「U字型」、「W字型」の3通りのシナリオ下で銀行の耐性を検証する部分が新たに追加される。

ただ、銀行の資本要件水準の判断にはストレステストの従来の部分を利用し、新たに追加される部分は利用しないと説明。追加部分は銀行の配当金支払いや自社株買い戻しなどの余剰資本の配分に関する判断に利用されるとした。

FRBは今年の銀行ストレステストの結果を6月25日に公表する。クオールズ副議長によると、ストレステストの従来の部分についてはこれまでと同様に各行別のデータを公表するが、新たに追加するコロナ禍を反映する部分については、各行別ではなく全体としてのデータのみを公表する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    田原氏 菅首相の行政改革に期待

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。