記事

過去最大の原油減産、予定通り7月末で終了を=ロシア高官


[モスクワ 19日 ロイター] - ロシア政府系のロシア直接投資基金(RDIF)総裁で原油減産交渉団のメンバーでもあるキリル・ドミトリエフ氏は、世界経済と原油価格が新型コロナウイルス感染の打撃から回復してきたことを理由に、厳格な減産合意を延長する必要はないとの見解を明らかにした。

ドミトリエフ氏は現地紙RBCに「経済は新型コロナ(危機)から脱しつつあり、市場も回復し、原油需要を下支えしている。従って厳格な減産合意を1カ月以上続ける意味はない」と語った。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国で構成する「OPECプラス」は7月末まで日量970万バレルという過去最大の協調減産を実施している。同氏の発言は8月以降は予定通り減産規模を縮小すべきとのロシアの意向を示している。

OPECプラスは減産の規模について、8月から12月末までは日量770万バレル、2021年1月から2022年4月までは同580万バレルとすることで合意している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  4. 4

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  5. 5

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。