記事

欧州主要国、WHO改革で米国と協力=当局者


[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州主要国の政府が、米国とともに世界保健機関(WHO)改革計画に取り組んでいることが分かった。欧州のある政府の保健当局高官が匿名を条件に、英国、フランス、ドイツ、イタリアが米国とWHO改革を協議していると明らかにした。

同高官によると、改革計画はWHOの独立性を確保するのが狙い。同氏は「WHOの危機管理メカニズムをいかなる単一国の影響からも切り離すべく、その方法を議論している」と指摘。新型コロナウイルス危機においてWHOの対応があまりに中国寄りだとの主張を受けた動きであることを明確にした。

改革にはWHOの財源を巡るシステムをより長期的なものに変更することも含まれる見通しだという。現在、WHOは2年制の予算で運営されているが、危機の最中に特定の拠出国から資金を調達せざるを得なくなれば「WHOの独立性を損なう可能性がある」と同高官は述べた。

トランプ米大統領はWHOがあまりに中国に近すぎると非難し、脱退と資金拠出停止方針を表明した。欧州各国は折に触れてWHO改革を求めてきたものの、総じて米政府の批判からWHOを擁護してきた。WHO改革はコロナ危機対応の評価を終えた後に実行すべきだというのが欧州の公的な立場となっている。

WHOからはコメントを得られなかった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  3. 3

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  4. 4

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  5. 5

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  6. 6

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  7. 7

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  8. 8

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  10. 10

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。