記事

EU経済は劇的に落ち込み、首脳は迅速な対応を=ECB総裁


[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は19日、欧州連合(EU)経済は劇的な落ち込み局面にあるとの認識を示した。ビデオでの欧州首脳会議での発言を関係筋が明らかにした。

総裁は、「EU経済は劇的な落ち込み局面にある」とし、第2・四半期は13%程度の「急激な減少」になると指摘。2020年はマイナス8.7%、21年はプラス5.2%になるとのECBの見通しを改めて示した。

その上でEUにとって過去最悪の景気下振れは労働市場でまだ完全に反映されておらず、域内失業率は10%に達する可能性があると述べた。

総裁は景気押し上げに向け経済回復計画での迅速な合意をEU首脳に求めたほか、EUも後押ししている対策に向け行動するとの期待から金融市場の動きは比較的冷静だとの見方を示したという。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。