記事

東京マーケット・サマリー(19日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

午後5時現在 106.96/98 1.1210/14 119.92/96

NY午後5時 106.96/99 1.1202/05 119.81/85

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と同水準の106円後半。手掛かりに乏しく、日中の主要通貨は総じて横ばいだった。きょうの欧州連合(EU)首脳会議に関心を寄せる声が出ている。

<株式市場>

日経平均 22478.79円 (123.33円高)

安値─高値   22352.16円─22523.66円

東証出来高 15億5593万株

東証売買代金 2兆8398億円

東京株式市場で日経平均株価は反発した。全体的に手掛かり材料に乏しい中、前日に発表された東京エレクトロン<8035.T>の今期決算見通しが強いガイダンスだったことが注目され、心理的に好影響を与えた。ただ、週末とあって模様眺めムードも強く、堅調な地合いを保ちながらも上値に対して慎重な動きとなった。

東証1部騰落数は、値上がり1043銘柄に対し、値下がりが1033銘柄、変わらずが90銘柄だった。

<短期金融市場> 17時08分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.042%

ユーロ円金先(20年12月限) 100.020 (変わらず)

安値─高値 100.015─100.020

3カ月物TB -0.135 (-0.010)

安値─高値 -0.130─-0.135

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.042%になった。前営業日(マイナス0.055%)を上回った。「週末要因で大手銀行を中心とした調達が強まった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<円債市場> 

国債先物・20年9月限 152.07 (-0.05)

安値─高値 152.02─152.13

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.010% (変わらず)

安値─高値 0.010─0.005%

国債先物中心限月9月限は前営業日比5銭安の152円07銭と小反落して取引を終えた。手掛かり不足で方向感に乏しい展開が続いている。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずの0.010%。超長期金利はじわりと上昇した。

<スワップ市場> 16時08分現在の気配

2年物 0.02─-0.07

3年物 0.02─-0.07

4年物 0.02─-0.08

5年物 0.02─-0.07

7年物 0.04─-0.05

10年物 0.10─0.00

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  10. 10

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。