記事

武田薬のOTC事業売却、ブラックストーンや大正製薬など最終入札へ=関係筋


[東京 19日 ロイター] - 武田薬品工業<4502.T>が進めている一般用医薬品(大衆薬、OTC)事業の売却手続きの3次入札に、米投資ファンドのブラックストーン<BX.N>やベインキャピタル、大正製薬<4581.T>が参加することがわかった。複数の関係筋が明らかにした。

武田が売却を進めているのは、完全子会社の武田コンシューマーヘルスケア(TCHC、東京・千代田)。入札の締め切りは22日で、これが最終入札となるとみられる。CVCキャピタル・パートナーズも、最終入札に参加するという。

関係筋によると、武田はTCHCのEBITDAの20倍となる約4000億円での売却を目指しているが、ブラックストーンやベインはこの価格は高いとみている。最終的な価格は「大正製薬がどう出てくるのかで決まるのではないか」(関係筋)という。

武田は、アイルランドのシャイアーを6兆円以上かけて買収したことで膨らんだ債務を返済するために非中核事業の売却を世界中で進めており、今回の売却もその一環となる。

(藤田淳子、ロッキー・スウィフト 編集:田中志保)

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  5. 5

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  8. 8

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。