記事

「中国官僚の汚職について」

中国官僚の汚職は一種の文化のようなもので、たびたびこのブログでも種にしたが、中国人民の怒りは頂点に達しているようだ。そして「浜の真砂(マサゴ、こまかい砂)は尽きるとも」との喩(たとえ)ではないが、汚職はいよいよ盛んで、貴重な外貨は厳重な管理の中でも海外に流出している。

最近失脚して話題になった薄熙来氏の妻・谷開来は殺人罪で起訴され、無期懲役が確定したが、裁判では60億元(約738億円)もの海外財産が発覚した。

いまや中国の人民が、「中国の局長クラス以上の幹部に全部死刑判決を言い渡したら冤罪の人が出てくる。半分にしたら漏れが出る」、「腐敗を取り締まらないと亡国になる。腐敗を取り締まると亡党となる」と揶揄するほど腐敗が蔓延している。

以前、数十万元、数百万元の収賄罪で死刑か執行猶予付の死刑になっていた。
今は、数千万元、数億元の収賄は稀でもなくなった。

以下に収賄罪の罪に問われた何人かを列挙してみた。

広東中国銀行開平支店長 余振東 40億元(492億円)
広東中山市実業発展公司 陳満雄 4.2億元(52億円)
重慶市共産党委員会宣伝部長 張宗海 2億元(25億円)
雲南省紅塔グループ会長 諸時健 1.8億元(22億円)
アモイ税関長 楊前線 1.6億元(20億円)
海軍副司令員 王守業 1.6億元(20億円)

又、政府役人のポストはお金で買う「売官買官」の風潮も各地で顕著で発覚するのは珍しいが、湖南省郴州市の失脚した幹部の供述によると、各ポストには相場があり、以下の通りである。
 
県党委員会書記200万元 副書記60万元(738万円)
県長120万元 副県長50万元(615万円)
県政法委員会書記60万元(738万円)
県規律検査委員会書記50万元(615万円)
県党委員会常務委員40万元(492万円)
県公安局長150万元(1845万円)
県検察長20万元(246万円)
県党委員会事務局長30万元(369万円)
県政府事務局長20万元(246万円)

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  10. 10

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。