記事

コロナで大打撃を受ける民泊業界の現状 今後の生き残りを左右するポイントとは

2/2

今後の生き残りを左右するポイントとは

では、今後をどう考えるか。生き残りのポイントになってくるのは立地と物件そのものの魅力だろう。たとえば南氏は高輪ゲートウェイというまちのポテンシャルに期待をしている。

高輪ゲートウェイ駅(BLOGOS編集部)

「オリンピックは17日間という短期。その時期だけ定価の5倍で売っても意味はなく、それに期待して宿泊施設を始めた人たちはそもそも間違えています。ところが、高輪ゲートウェイというまちは一度完成してしまえば永遠に人を集め続けます」。

駅舎がオープンして周囲に何もないという声が出ているが、そうした声に対して南氏はこう答える。

「全体の工事費用からすると駅舎の割合は数%以下。開発本番はこれからで2024年に向けてまちは大きく変わります。その先には多少遅れそうですが、2027年のリニア中央新幹線開業があり、2040年頃には大阪延伸も。そこまでを考えると勝機は十分にあると考えています」。

不動産の価値は9割以上が立地にある。住宅、オフィスに関しては今後、変化する可能性が指摘されるが、ビジネス、観光で滞在することを考えると今後も立地は選択時の大きな要。生き残るには選ばれる立地かどうかがポイントになろう。南氏も次に不動産で何かを考えるとしたら価値の変わりにくい都心の一等地のみに絞るという。

もうひとつは物件そのものの魅力だ。立地的にはハンディのある物件も抱える進藤氏は物件に新たなサービスなどを付加していく手を考えている。

デザイン性の高さ、空間の面白さで海外からの旅行客に人気だったSMI:RE STAY HOTELSだが、これからは地元の客も取り込んでいきたいと計画中 写真提供/SMI:RE STAY HOTELS

これまでは天井が高いなど建築的に他にはない空間の写真への反応が多く、インスタグラムなども外国人向けに作ってきたが、これからは日本人や地元対象のサービス、PR方法も考えていくというのだ。

「このところへ来て近所の人が家族や夫婦で泊まりに来ることがあり、そういうニーズがあることに気づきました。スタッフからは各室の冷蔵庫にいろんな種類のビールを詰めて飲み放題にしたらどうかなど、いろいろなアイディアも出ており、価格競争ではなく、知恵比べで面白い物件にしていきたいと考えています」。

かつて収益が上がっていた時には運営会社に丸投げで知恵を出す必要はなかったが、逆に自分たちで運営するようになったことで面白くなってきたというのである。

自分が楽しむことが魅力ある物件に繋がる

最後にひとつ、私がもっとも可能性を感じている例を紹介したい。沖縄の空き家を活用、一棟貸ししている「irregular INN Nakijin」の室田啓介氏だ。室田氏は妻が沖縄出身ということもあり、沖縄に別荘を持ちたいと考えていて、そんな時に手頃な物件に出会った。

irregular INN Nakijinの母屋から庭に新設された離れを臨む。夜間には光が漏れて雰囲気も良く、自分たちで料理をするのは日常だとしても非日常が味わえる 撮影/渋谷南人

だが、別荘としてだけ使うと到着時に掃除、帰宅時に片付けなどが面倒で、コストとしても重い。であれば、自分が使わない時には他人に使ってもらえる宿にすればキレイに保たれる上に、収益も上がる。仮にこのやり方が成立するなら、別荘を複数所有することも可能と考えた。

「日本のエアビー(Airbnb)のサイトには泊まりたいと思える宿がほとんどない。収益だけを考えて作った学生向けのワンルームにファストインテリアを配した宿には泊まりたくないし、かといって非日常だからととてつもなく高額な宿には泊まるのも違う。それよりはセンスや価値観が合う友人の別荘に遊びに来たような感覚で泊まれるカジュアルな価格の宿に泊まりたいと考え、その路線で作ることにしました」。

立地自体、海が見えるいかにも沖縄らしい場所ではなく、美ら海水族館や備瀬のフクギ並木などは近くにあるものの、決して観光地の多い場所でもない。お隣には夢を壊すような建売住宅が立っていたりもする。

だったら「家族や友人と食卓を囲んで楽しい時間をすごしたセンスのいい宿」としてまた来たいと思ってもらえるようにと本格的なBBQ設備を入れたダイニングとなる離れを増築した。天候を気にせず、インドアBBQが楽しめるのである。また、それほど高くはないそうだが、一点モノのアンティークや趣味の品を盛り込んだ室田氏自身が楽しいと思える空間を作った。

海外ブランドの、日本人にはなじみの薄いBBQグリルなどこだわりの厨房設備が人気。雨の日でも楽しめたという声も 撮影/渋谷南人

2019年6月に営業をスタート、ちょうど1年である。その間に日韓関係の悪化、香港デモによる観光客の減少、コロナと波があり、「最低このくらい」と見込んでいた程度の売上にしかなっていないというが、それでも都内に所有するビルよりも収益率が高いという。

「外国人客が半分を占めていた時期からすると、今では県外からの移動制限下で沖縄県内の人のみと対象は減りましたが、帰り道の運転を気にせず家族や仲間とBBQや飲食を楽しめて、ちょっとした非日常が楽しめる場所として利用されています」。

今回のコロナ禍で人の移動のハードルは大きく上がった。もう、バーチャルで良いと思う人も出よう。それでも行きたいと思える場でなければ人は動かない。収益最優先で考えた空間がそうした場になるはずはない。投資を入口にした宿泊(不動産全般にいえるが)はよほど立地か、物件が良くない限りはもうありえない時代がやってきているのである。

その一方で前述した通り、経済的な格差は拡大する。そこからステップアップするためには間違いなく不動産は役に立つ。

だとしたら、儲けたいから始まる近視眼的な投資ではなく、国の政策がアクセルとブレーキを一緒に踏むようなドリフトしやすいものであることを意識し、冷静にリスク分析をした上で、「自分が楽しい、利用してみたい」と思える空間を作ることが長い目では成功に繋がる。

コロナ禍すら口実にして「やはり不動産は儲かる」などと甘いことを言い出す輩にかもられないよう、賢明な判断をしていただきたいものである。

あわせて読みたい

「民泊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  5. 5

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  6. 6

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  7. 7

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。