記事

「投資=証券投資」という発想では、老後のお金の不安は解消しない

[画像をブログで見る]

マネー誌「日経マネー」の調査によれば、今年投資を始めた人の目的で多いのが、老後資金の確保と投資でもうけたいという2つになっているそうです(図表は日経電子版から)。

老後資金の確保と回答しているのは40代、50代に多く、投資でもうけたいというのは20代、30代が多いという結果のようです。しかし、老後資金の確保はシニアになってからでは手遅れになる可能性が高く、20代、30代から着実に資産形成をすべきではないかと思いました。

また、このアンケートで不思議なのは、「投資=証券投資」という前提になっていていることです。

私は資産運用は証券会社で行う金融資産だけではなく、不動産のような実物資産も組み合わせて行うべきだと考えています。そして、シニアになればなるほど実物資産の比率を高めた方が良いとアドバイスしています。

これは、自らの投資の「人体実験」から実感したことです。

証券投資にもメリットがもちろんありますが、問題は株価は変動が大きくシニアの資産運用には向かないこと、そして債券は利回りが低く、インカムゲインが期待できないことです。20代、30代であれば、株価が急落してもその回復を待つ時間的精神的な余裕があります。しかし、退職金のような減らしたくないお金を株式投資につぎ込んで、株価の急落に遭遇すると、回復を待っている余裕はありません。

資産運用のリターンに必要なのは、定期的に安定して入ってくるインカムゲインです。

現状のマーケット環境で、インカムゲインの獲得に最も向いた投資対象は、証券投資ではなく国内の不動産投資です。

確かに、誰でも不動産投資ができる訳ではなく、ハードルの高い投資対象であることは事実です。

しかし「投資=証券投資」ではなく「投資=金融資産と実物資産のハイブリッド」という発想に切り替えなければ、ベストの資産運用は実現できません。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年6月19日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  6. 6

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

  8. 8

    韓国に完敗した日本のエンタメ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  10. 10

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。