記事

「投資=証券投資」という発想では、老後のお金の不安は解消しない

[画像をブログで見る]

マネー誌「日経マネー」の調査によれば、今年投資を始めた人の目的で多いのが、老後資金の確保と投資でもうけたいという2つになっているそうです(図表は日経電子版から)。

老後資金の確保と回答しているのは40代、50代に多く、投資でもうけたいというのは20代、30代が多いという結果のようです。しかし、老後資金の確保はシニアになってからでは手遅れになる可能性が高く、20代、30代から着実に資産形成をすべきではないかと思いました。

また、このアンケートで不思議なのは、「投資=証券投資」という前提になっていていることです。

私は資産運用は証券会社で行う金融資産だけではなく、不動産のような実物資産も組み合わせて行うべきだと考えています。そして、シニアになればなるほど実物資産の比率を高めた方が良いとアドバイスしています。

これは、自らの投資の「人体実験」から実感したことです。

証券投資にもメリットがもちろんありますが、問題は株価は変動が大きくシニアの資産運用には向かないこと、そして債券は利回りが低く、インカムゲインが期待できないことです。20代、30代であれば、株価が急落してもその回復を待つ時間的精神的な余裕があります。しかし、退職金のような減らしたくないお金を株式投資につぎ込んで、株価の急落に遭遇すると、回復を待っている余裕はありません。

資産運用のリターンに必要なのは、定期的に安定して入ってくるインカムゲインです。

現状のマーケット環境で、インカムゲインの獲得に最も向いた投資対象は、証券投資ではなく国内の不動産投資です。

確かに、誰でも不動産投資ができる訳ではなく、ハードルの高い投資対象であることは事実です。

しかし「投資=証券投資」ではなく「投資=金融資産と実物資産のハイブリッド」という発想に切り替えなければ、ベストの資産運用は実現できません。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年6月19日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  8. 8

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。