記事

中国、拘束カナダ人2人をスパイ罪で起訴 カナダ首相「失望」


[北京 19日 ロイター] - 中国の検察当局は19日、2018年に拘束したカナダ人の元外交官マイケル・コブリグ氏と企業家のマイケル・スパバ氏をスパイ罪で起訴したと発表した。

2人の拘束は、カナダ当局が米国の要請を受けて中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)を逮捕した直後に行われ、両国関係にきしみを生じさせた。

中国外務省は昨年12月に2人の捜査を終え、検察に同案件を送ったと発表していた。コブリグ氏とスパバ氏はそれぞれ、北京と北東部の遼寧省で起訴された。

カナダは2人の拘束は「恣意的」だと批判してきた。トルドー首相は起訴を受けて「非常に失望した」と表明。引き続き2人の釈放を求めていくと述べた。

中国検察当局がオンライン上で掲載した通知文によると、スパバ氏は国家機密に対するスパイと機密を中国国外の機関に違法に提供した罪で、コブリグ氏は中国国外の機関のために国家機密と機密情報に対するスパイ行為を行った罪で、それぞれ起訴された。

コブリグ氏は紛争解決を専門とする非政府組織「国際危機グループ(ICG)」で働いている。

ICGからは今のところコメントを得られていないが、ICGはこれまで同氏に対する嫌疑は「不明瞭で根拠がない」と訴えている。

スパバ氏は北朝鮮と深いつながりを持つ実業家。

*情報を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。