記事

原油先物は上昇、減産順守要請や需要回復を好感


[メルボルン 19日 ロイター] - アジア時間の原油先物は上昇。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が減産合意を順守する意向を示したことや、大手石油商社2社が需要の回復を報告したことが好感されている。

0101GMT(日本時間午前10時01分)現在、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物<CLc1>は0.14ドル(0.4%)高の1バレル=38.98ドル。北海ブレント先物<LCOc1>は0.07ドル(0.2%)高の41.58ドル。

WTIと北海ブレントは前日2%前後値上がりした。

OPECプラスの合同閣僚監視委員会(JMMC)は、イラクやカザフスタンなどに対し一段の減産順守を要請。両国は5月の協調減産未達分を7─9月に達成する計画を提示したという。

ブルームバーグによると、大手石油商社のビトルとトラフィグラは今月に入り石油需要が回復していると指摘。ANZリサーチによると、この報道も支援材料になっている。

ただ、CMCマーケッツのチーフストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は、取引量が少なく、市場参加者は今後の大幅な上昇に自信を持てていないとの見方を示した。

テクニカル面では、WTIは40-41ドルの間に強い上値抵抗線がある。この水準に値上がりすれば、生産を再開する米国の生産者が増えるとみられ「積極的な買いを抑制する要因になっている」という。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  5. 5

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。