記事
  • ヒロ
  • 2020年06月19日 10:37

短くなるのか、消費の移動距離

1/2
1970年代、それまでの消費の中心であった地元の駅近くの商店街から取って代わり、ターミナル駅にデパートや大店舗が続々と開店します。併せて中内功氏のダイエーの快進撃が目立ったのもこの頃でした。ゼネラルマーチャンダイズストア、いわゆるGMSと称されるビジネス形態がスタートしたのです。

人々はまるで磁石に吸い寄せられるように新型の大規模店舗に向かい、商店街は守勢となります。顧客層がだんだん高齢化し、店主と客が同じように年輪を重ねていった時代でした。商店街の没落についてはいまさら言うまでもなく、開かずのシャッター街となったわけですが、もう一つの背景は個人事業主は一階が店舗、二階が住居といった一体型の設計になっているところも多く、他人に店舗スペースを貸しにくいという問題あったことはあまり知られていないかもしれません。(店舗入り口が玄関だったのだから玄関を他人に貸すという発想がないのです。)

同じ頃、鈴木敏文氏が主導するセブンイレブンは小さな店舗を多数配置するという大規模店に真っ向から対立する手法で急速な成長を遂げました。商店街の中にも入り込んできたのですが、正直、商店街の中にあるコンビニは成功モデルではなかったように感じます。それより駐車場があり、何もないところにポツンとあるコンビニが長く生き残ったのはコンビニが他との競合を嫌ったともいえるビジネスモデルだったのかもしれません。

そんな消費動向はネット消費の時代の到来と共に少しずつ変化します。アマゾン、楽天だけではなく、ZOZOが衣料もネットで買うという新領域を生み出したのは時代の革命でした。併せてGMSのビジネスモデルは果てしなく崩壊し、デパートは凋落の一途を辿ったのです。

1970年代から50年間の消費を俯瞰するとその消費距離に一つの興味が湧いてきます。地元から繁華街にそしてネットで配送という流れは近⇒遠⇒近を明白に裏付けることができます。

ローソンが良品計画と提携したと報じられています。ローソンの中で無印の商品が溢れるようになるのは繁華街やショッピングモールに行かず、家のそばにあるローソンでも無印が買えるという近さをビジネスモデルに落とし込んだともいえます。これは時代の流れをうまく取り込んだと思います。

これは繁華街に珍しいものがあるかもしれないという足による情報網を張り巡らせず、スマホでチェックすれば全てが分かる時代となりわざわざ時間をかけ、人込みに揉まれてまで何かを見つけたいという気にさせなくなったともいえます。

もちろん、コロナはその背中を押しました。多忙になった日常生活もあるでしょう。高齢者の「おっくう」というのもあります。

あわせて読みたい

「買い物」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。