記事

米フォード、手放し運転が可能な車種を21年に発売 マスタングなど


[18日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>は18日、手を放して自動走行できる運転支援機能を初搭載したスポーツ車「マスタング」などのモデルを2021年秋に発売すると発表した。テスラ<TSLA.O>やゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>から数年遅れて手放し運転を可能にする。

フォードの運転支援機能は「アクティブ・ドライブ・アシスト」と呼ばれ、今年発売予定の電動クロスオーバー「マスタング・マッハE」を含む複数モデルに来年から搭載される見通し。マッハEはテスラの電動スポーツ多目的車(SUV)「モデルY」の競合車種になるとみられる。

フォードによると、米国内では自動運転機能を備えたマスタング・マッハEの予約受け付けを今秋に開始する。ただ、アクティブ・ドライブ・アシストの搭載が可能になるのは21年秋になる見通し。

テスラは2015年に運転支援機能「オートパイロット」を搭載した半自動運転車を発売。GM<GM.N> はその2年後に半自動運転機能「スーパークルーズ」を搭載した高級車「キャデラックCT6」を市場投入した。

テスラはオートパイロットの改良を続けており、現在は全4車種に搭載している。GMは今秋にキャデラックの他の車種にもスーパークルーズの搭載を広げる予定で、他の傘下ブランドでは今後3年で改良版の採用を進める。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。