記事

イージス計画の断念は日本に独自の安保政策がない証拠だ

 ブースターが住民の上に落下する危険性がある。

 それを防ぐには大幅な予算が必要になる。

 こう言って地上イージス計画を白紙撤回すると河野防衛相が突然発表した時、さすがの安倍政権も、国民の安全には代えられないのだ、コロナ危機対策費を優先するしかないのだ、と一瞬、妙に感心したものだ。

 しかし、その一方で、辺野古移設の強行やオスプレイの全国配備など、住民の安全を無視し、住民の反対に耳を傾けない安倍政権だ。

 コロナ対策費を無駄遣いばかりしている安倍政権だ。

 なによりも地上イージスを売り込んだ米国が反対の声をあげない。

 やはり、この計画断念は、米国の都合によるものに違いない。

 そう思っていたら、きょうの各紙が一斉に報じた。

 安倍首相はきのう6月18日の記者会見で述べたと。

 「ミサイル防衛を導入した時と(比べ)北朝鮮のミサイル技術の向上もある。抑止力のあり方について新しい議論をしたい」と。

 やはり、地上イージスは役立に立たなくなったのだ。

 だから米国も新しい装備の開発に舵を切ったのだ。

 しかし、新しい安保戦略など、そう簡単に出来るものではない。

 百歩譲って、新しい安保戦略をつくっても、米国がそれを認めなけば画餅に終わる。

 そうなのだ。

 今度の地上イージスの白紙撤回は、すべては米国の安保戦略に従い、装備も米国から買わされる装備だから、米国が変更すれば、それにつられて変わらざるを得ない。

 その結果、導入したばかりの装備すら、あっさり不要になる。

 膨大な予算が、米国の都合次第であっという間に無駄になるのだ。

 地上イージス計画の白紙撤回は、安倍政権が吹っ飛ぶぐらいの責任問題だ。

 しかし、野党は安保政策に不勉強、無関心だ。

 野党は政局に忙しく、スキャンダル追及に忙しい。

 そして、いまは河井夫妻の逮捕でそれどころではない。

 ひょっとして、地上イージスの白紙撤回の衝撃を隠すために、河井夫妻の逮捕劇にぶつけて発表したのではないか。

 河井夫妻の逮捕はとっくに分かっていたし、逮捕のタイミングすら検察から聞いていたはずだ。

 そう思わせる絶妙なタイミングでの地上イージス計画の白紙撤回だ。

 今日の記事も、河井夫妻の逮捕や東京都知事選の告示ばかりが大きく報じらて、地球イージスの白紙撤回の記事は二の次だ。

 どちらが国民にとって重要か。

 もちろん地上イージス計画の白紙撤回である。

 国民の安全も莫大な防衛予算も、すべて米国に委ねてしまった安倍政権の罪深さこそ、もっと大きく取り上げられなければいけないのである(了)

あわせて読みたい

「イージス・アショア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。