記事

米朝首脳会談を決裂させたトランプ大統領の大失策

 2018年6月にシンガポールで歴史的な米朝首脳会談が行われた時、私はこう書いた。

 トランプ大統領はこの会談を決裂させるわけにはいかない。

 決裂させれば、あとは武力行使しか選択肢はなくなるが、核を持った北朝鮮に武力行使すれば犠牲があまりにも大きく、そんなことはトランプ大統領といえども出来ないと。

 だからといって、米朝合意が不成立に終われば、北朝鮮は大手を振ってどんどんと核兵器を開発するから、北朝鮮が文字通り核保有国になることを指をくわえて眺めるようなものだ。

 それは米国にとって最悪のシナリオだと。

 だから、「完全かつ不可逆的な検証可能な核放棄」などという、北朝鮮が飲めない要求にこだわるのではなく、ここはひとつ、非核化要求という鞭と、その見返りに北朝鮮の経済開発を支援するという飴の二つを巧みに使って、北朝鮮の段階的非核化で合意するしかない。

 そう合意してノーベル平和賞をもらえばいいのだ。

 そう私は当時、書いた。

 しかし、ウクライナ疑惑の追及が激しくなったことにうろたえたトランプ大統領は、弱みを見せるわけにはいかないと、強硬姿勢に終始して米朝首脳会談を決裂させた。

 それから2年経ち、私の予言通り、まさしく最悪のシナリオが現実のものになった。

 ここにきて北朝鮮が韓国に対し戦争も辞さないと言わんばかりの強硬姿勢に転じた。

 あそこまで罵倒されたら私でも頭にくる。

 しかし、北朝鮮が真っ先に強硬姿勢に転じたのは米国に対してだった。

 交渉を決裂させたのは米国のほうだ、北朝鮮は譲歩したのに米国はゼロ回答だ。

 これでは交渉は出来ない。

 米国が交渉を進める気がないなら、こっちにも考えがある。

 そういって北朝鮮は核兵器開発をどんどん進め、その成果を見せつけた。

 これを要するに、北朝鮮が強気になったのは、ますます核保有国としての力をつけたからなのだ。

 そう思っていたら、きょう6月19日の朝日新聞が書いた。

 いまや北朝鮮は、非核化交渉ではなく、核軍縮交渉という新しい枠組みに持っていこうとしていると。

 なるほど、核軍縮交渉になれば、核保有国が有利になることを我々は国際的な核軍縮会議を見てよく知っている。

 ここまで北朝鮮を強硬にさせてしまったトランプ大統領の大失策である。

 北朝鮮が核保有国になってしまった以上、安倍首相が打つ手はますますなくなる。

 拉致問題の解決など、夢のまた夢だ。

 米国も日本も韓国も、対北朝鮮政策を根本的に見直さざるを得ないということである(了)

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  6. 6

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  7. 7

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    リスクの高いヘッジファンドと同等のビットコイン 投資対象として魅力なし

    近藤駿介

    06月12日 17:02

  10. 10

    米議決権助言会社ISS、東芝の取締役候補5人の反対を推奨

    ロイター

    06月12日 20:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。