記事

原油先物2%高、OPECプラス減産順守強化 第2波懸念は重し


[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国時間の原油先物は、新型コロナウイルス感染拡大第2波に対する警戒が高まっているにもかかわらず、約2%上昇した。

清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が0.80ドル(約2%)高の1バレル=41.51ドル、米WTI原油先物<CLc1>が0.88ドル(2.3%)高の38.84ドル。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」の合同閣僚監視委員会(JMMC)はこの日、イラクやカザフスタンなどに対し一段の減産順守を求めた。一方、8月以降の協調減産延長などに関する協議は行われなかった。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニア原油アナリスト、フィル・フリン氏は「減産合意の順守率は高くなる。新型ウイルス感染拡大を巡る懸念がなければ、順守率はより高くなる」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。