記事

米、4─6月期GDPは予想以上に縮小 都市封鎖で=IMF


[ワシントン 18日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は18日、米国で新型コロナウイルスの感染拡大に伴い導入された移動制限の一部は解除されたものの、事実上の都市封鎖(ロックダウン)が想像以上に長引いたとした上で、同国の4—6月期の国内総生産(GDP)は予想を超える落ち込みになるとの見方を示した。

IMFのライス報道官は、中国で経済の勢いが増しているほか、ハイ・フリークエンシー統計から投資やサービスの回復が予想以上に強まっていることがうかがえるものの、リスクバランスは依然として下向きだと述べた。

詳細は24日公表の世界経済見通しで公表される。

IMFは4月、最も良好なシナリオの下でも米経済は2020年は5.9%のマイナス成長に陥ると予想。21年は4.7%のプラス成長を回復するとの見方を示した。中国については、20年はプラス1.2%、21年はプラス9.2%になるとした。

ライス報道官はこのほか、IMFは緊急融資枠などを通して加盟国に引き続き支援を実施していると表明。1兆ドルの融資枠のうち2500億ドルがすでに実施されたことを明らかにした。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  4. 4

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  10. 10

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。