記事

コロナ等、問題山積の中で国会閉会

第201通常国会が、昨日17日、閉会しました。野党は、政府の新型コロナウイルス感染症対策を監視するためにも会期の大幅延長を要求しましたが、与党は議院運営委員会で否決し、拒否しました。

与野党は、閉会中審査を、衆参ともに週1回3時間、関係する委員会で開くことで合意しましたが、それでは不十分で、これだけの事態で、しかも疑惑が様々ある中で、なぜ閉会するのでしょうか。追及されることから逃げたとしか思えません。

新型コロナウイルス対応が遅いことや検査体制が不十分なこと、アベノマスクや星野源さんの動画に勝手にセンスのない寛いだ姿をコラボをしたことなどで、支持率が下がり、一強体制に陰りが出てきた、と言われています。

5月の朝日新聞の世論調査では、2012年に第2次安倍政権が発足して以来最低の29%の支持率を記録し、昨年同時期から16ポイント下がりました。また、信濃毎日新聞の県民意識調査では、安倍内閣の支持率が18.6%になっています。

補償や支援が足りないという人が75%、収入が減った人が40%、アベノマスクは必要なかったが75%となっています。そして、この国会では、桜を見る会の疑惑、黒川東京高検検事長の定年延長を閣議決定し、検察庁法改正案は世論の反発もあり取り下げたりしました。

コロナ対応では、30万円の収入が半減した世帯への給付を、閣議決定したのに撤回し、一律10万円の給付にしたり、迷走していました。

終盤国会では、持続化給付金のトンネル会社の中抜き・再々委託の問題、その事務局について経産省が記者クラブに取材自粛を求めるという信じられない対応、10兆円にも上る予備費の問題、イージス・アショア計画の停止、そして今日逮捕された河井夫妻の買収問題など、どれも重要な問題で、国会を閉じてよいとは思いません。

コロナ感染症の第2波も、いつ来るかわからない中で、週1回3時間だけの審議で、首相が出席するかどうかもわからない状態に、納得するわけにはいきません。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  6. 6

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  7. 7

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  10. 10

    米政権が感染拡大で医師に怒り

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。