記事

台湾中銀、予想外の政策金利据え置き 成長率予想は引き下げ


[台北 18日 ロイター] - 台湾中央銀行は18日、政策金利<TWINTR=ECI> を予想外に1.125%に据え置いた。一方、新型コロナウイルスの影響で今年の成長率見通しを1.52%に引き下げた。

ロイターがまとめたエコノミスト16人の政策金利予想は中央値で1%だった。

中銀は3月に政策金利を過去最低水準となる1.125%に引き下げた。楊金龍総裁は記者団に対し「利下げの効果は見られた。消費は徐々に回復する。しばらくは様子を見たい」と述べ、将来的な追加利下げの可能性を示唆した。

中銀は、新型コロナによる輸出低迷を理由に3月時点で1.92%としていた2020年の成長率見通しを1.52%に引き下げたほか、コアインフレ率見通しも0.36%に下方修正した。ただ下半期には物価情勢は安定化するとし、台湾経済がデフレに陥る公算は小さいとした。

景気回復の兆しも見られるとし、声明で「世界経済には依然として不透明な要素が多いが、台湾経済は内需に支えられて緩やかに回復する見込みだ」とした。

政府の経済対策と半導体業界の設備投資により下半期の成長率は上半期を上回るとの見通しを示した。

楊総裁は、最終的な規模が1兆台湾ドル(338億米ドル)となる一連の景気支援策が押し上げ要因となり、消費は第3、4・四半期に上向くと予想。台湾の経済成長は下半期に上半期より強くなり、成長の軌跡はスポーツ用品メーカー、ナイキのロゴマーク「スウッシュ」に似た形になるとの見方を示した。

台湾は新型コロナによる打撃をおおむね免れたが、雇用市場と個人消費に悪影響が及んだため、政府は1兆0500億台湾ドル(354億ドル)の経済対策を打ち出した。

台湾の経済成長見通しは民間銀行の予想より大幅に楽観的で、ドイツ銀行は今年の台湾経済がマイナス成長に陥るとの見方を示している。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  4. 4

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  5. 5

    理不尽で苦しむ社会 半沢に共感

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  6. 6

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  7. 7

    東証大規模障害 富士通が調査中

    ロイター

  8. 8

    松田聖子 過去曲歌唱めぐり持論

    SmartFLASH

  9. 9

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  10. 10

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。