記事

台湾中銀、予想外の政策金利据え置き 成長率予想は引き下げ


[台北 18日 ロイター] - 台湾中央銀行は18日、政策金利<TWINTR=ECI> を予想外に1.125%に据え置いた。一方、新型コロナウイルスの影響で今年の成長率見通しを1.52%に引き下げた。

ロイターがまとめたエコノミスト16人の政策金利予想は中央値で1%だった。

中銀は3月に政策金利を過去最低水準となる1.125%に引き下げた。楊金龍総裁は記者団に対し「利下げの効果は見られた。消費は徐々に回復する。しばらくは様子を見たい」と述べ、将来的な追加利下げの可能性を示唆した。

中銀は、新型コロナによる輸出低迷を理由に3月時点で1.92%としていた2020年の成長率見通しを1.52%に引き下げたほか、コアインフレ率見通しも0.36%に下方修正した。ただ下半期には物価情勢は安定化するとし、台湾経済がデフレに陥る公算は小さいとした。

景気回復の兆しも見られるとし、声明で「世界経済には依然として不透明な要素が多いが、台湾経済は内需に支えられて緩やかに回復する見込みだ」とした。

政府の経済対策と半導体業界の設備投資により下半期の成長率は上半期を上回るとの見通しを示した。

楊総裁は、最終的な規模が1兆台湾ドル(338億米ドル)となる一連の景気支援策が押し上げ要因となり、消費は第3、4・四半期に上向くと予想。台湾の経済成長は下半期に上半期より強くなり、成長の軌跡はスポーツ用品メーカー、ナイキのロゴマーク「スウッシュ」に似た形になるとの見方を示した。

台湾は新型コロナによる打撃をおおむね免れたが、雇用市場と個人消費に悪影響が及んだため、政府は1兆0500億台湾ドル(354億ドル)の経済対策を打ち出した。

台湾の経済成長見通しは民間銀行の予想より大幅に楽観的で、ドイツ銀行は今年の台湾経済がマイナス成長に陥るとの見方を示している。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  7. 7

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    小学館『Domani』サイト掲載記事への抗議 意識高い系をめぐって

    常見陽平

    09月15日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。