記事

自民党は、河井夫妻の逮捕による政権に対する衝撃をどうやって緩和しようとするのだろうか

自民党を離党したと言っても、つい昨日までは自民党に所属していたことは間違いないのだから、いくら大物ではないと言っても、自民党にはそれなりの衝撃はある。

今日逮捕された衆議院議員の河井克行氏は、安倍総理の側近の一人で、安倍内閣で法務大臣に選任されたくらいだから、少なくとも安倍総理には任命責任がある。

同じく逮捕された参議院議員の河井杏里氏は、厳しい選挙戦になることが分かりながら、自民党執行部が強引に擁立した候補者で、自民党総裁である安倍総理はじめ安倍事務所の秘書たちが河井杏里選対に張り付いて必死の選挙戦を展開してようやく当選させた候補者であるから、その具体的な選挙運動は自分の与り知らないことだ、などと嘯くことも出来ないことは明らかだ。

総額1億5000万円もの巨額の選挙資金を党本部から二人の選挙区支部に拠出しているのだから、逮捕容疑となった選挙買収など自分たちには関りのないことだ、などと強弁しても、世間の人は耳を貸さないはずである。

老獪な二階幹事長が河井夫妻の逮捕の衝撃を何とかして和らげようとあれこれ工作しても、限界はある。検察当局がどこまで捜査の網を拡げるかに懸かっていることだが、自民党の党本部にまで強制捜査の手が伸びるようだと、さすがの安倍総理も進退を問われるようになる。

まずは、収賄側の地方議員が何人逮捕されるか、自民党本部にどの程度捜査の手が伸びるか。さらには、勾留延長がなされるか、起訴がいつになるか、等でこれからの流れが大きく変わることになる。どうやら、二階幹事長の役割が実に大きそうである。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  2. 2

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  3. 3

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  5. 5

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  6. 6

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  7. 7

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  8. 8

    NTTがドコモTOBを発表 1株3900円

    ロイター

  9. 9

    古館氏&橋下氏が憲法9条巡り激論

    ABEMA TIMES

  10. 10

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。