記事

大阪と名古屋のいがみ合い、東京に煽られ踊らされた悲しい現実

吉村大阪府知事は愛知県の大村知事への不満が爆発(時事通信フォト)

大村愛知県知事の発言が引き金に(写真/共同通信社)

 愛知県の大村秀章知事に対する解職請求(リコール)運動について、キッパリと賛意を示した大阪府の吉村洋文知事。2大都市のトップ同士がいがみあう前代未聞の騒動が勃発したが、その背景には大阪と名古屋の深い因縁があった。

【写真】吉村府知事と髪の分け目が全く同じの大村愛知県知事

 大阪と名古屋の根深い対立の背景には歴史的な経緯もある。カギを握るのは、あの偉人だ。本誌・週刊ポスト『逆説の日本史』シリーズを連載する名古屋市出身の作家・井沢元彦氏が指摘する。

「大阪を大きく発展させたのは豊臣秀吉です。大坂城を築いたのも秀吉で、大阪人は二言目には『太閤さん』と自慢しますが、その秀吉の出身は名古屋。だからこそ、『誰が大阪を作ったと思ってるんだ』という感覚が名古屋人にはある。

 そもそも秀吉は名古屋弁を使っていたとも言われていますからね。そうした背景が、大阪に対する『上から目線』に繋がってしまうのです」

 半面、名古屋には劣等感もあるという。

「現在、世間一般の意識としては名古屋より大阪のほうが大きな都市でしょう。名古屋人には、『俺たちの先祖が大阪を作って大きくしたのに、その恩を忘れやがって』という複雑な思いがある。

 これはイギリスとアメリカの関係に似ています。イギリスがアメリカを作ったのに、いまではアメリカのほうが巨大になり、世界への影響力も強い。名古屋人の感情もこれと同じで、優越感と嫉妬が入り混じっているのです」(井沢氏)

 一方、関西圏の文化に精通する国際日本文化研究センター所長・井上章一氏は「東京」が隠れたキーワードだと分析する。

「名古屋と大阪の争いの火種は、東京によって作られた部分があります。歴史的背景として、商人が中心となって作られた商業都市の大阪と、尾張藩の侍による武家社会によって形成された名古屋は相容れない部分はあるでしょう。

 しかし、その差異を『県民性』に結びつけて双方のイメージ付けをしたのは、中央である東京のメディアです。こうして中央の貼ったレッテルを、いつしか双方が真に受けて争い始めた。

 実際には東京が2都市を見下して“いじった”結果なのです。本来、大阪と名古屋は手を取り合って東京と戦ってもいいぐらいなのに、双方から東京の批判が聞こえてこないばかりか、踊らされていがみ合っているのだとしたら悲しい話です」

 2018年には大阪万博(2025年開催予定)の決定を受けて、大村知事が「積極的に協力する使命がある」と発言。大阪支援の姿勢を見せていた。

 両者が再び歩み寄る日はくるのか。

※週刊ポスト2020年6月26日号

あわせて読みたい

「大阪府」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    正義感で暴走「極端な人」の実態

    SYNODOS

  4. 4

    日経500 バブル超えの史上最高値

    ロイター

  5. 5

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  6. 6

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  7. 7

    森友自殺 妻が語る国の理不尽さ

    たかまつなな

  8. 8

    ディズニー人数制限で高い満足度

    かさこ

  9. 9

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  10. 10

    菅政権 唯一の誤算は高い支持率

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。