記事

ソフトバンクが英企業に出資 「スーパーアプリ」でシナジー図る


[東京 18日 ロイター] - ソフトバンク<9434.T>は18日、モビリティサービスと旅行予約を結びつけるアプリ接続業者の英「スプリット」(ロンドン)の主要株主になったと発表した。スプリットとの協業によって、複数のアプリの機能を一つに集約する「スーパーアプリ」を実現し、自社グループのサービス間のシナジー最大化を図る。

アメリカン・エキスプレス・ベンチャーズなどとともに、約21億円をスプリットに出資した。ソフトバンクの法人事業統括グローバル営業本部の野崎大地本部長がスプリットの取締役に就任する。

スプリットのアプリは、旅行予約や決済などのプラットフォームを配車アプリなどと接続させることで一括で利用でき、利用者の利便性向上と企業の収益機会の拡大に貢献するという。スプリットは中国の決済サービス「アリペイ」やシンガポールの大手配車サービス「Grab(グラブ)」などと提携している。調達した資金で、シェアサイクルやシェアバイクなどのモビリティサービスも接続先に加え、グローバルネットワークの拡大を進めるという。

ソフトバンクの宮内謙社長兼最高経営責任者(CEO)は、スマホの普及で買い物や食事、旅行など日常生活でスマホアプリが欠かせないものになったが、数が増えたことで「スーパーアプリの必要性が高まっている」と指摘。スプリットとの協業で、ソフトバンクが保有する資産の価値がさらに引き出されるとのコメントを発表した。

(平田紀之)

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。